プリペイド電子マネーとデビットカードはどういう違いがある?

プリペイド電子マネーとデビットカードの違いを理解しよう

 

キャッシュレス化が進み、クレジットカードだけでなく、プリペイド電子マネーやデビットカードが使える店も増えました。
実際に使っている方も多いと思いますが、その違いを明確に説明することはできますか?
プリペイド電子マネーとは、お金を先にチャージしてから利用するタイプで、チャージした金額までしか利用することはできません。WAONやnanaco、Edyはプリペイド電子マネーに分類されます。
デビットカードは、決済と同時に銀行口座から引き落としになります。そのため、銀行口座にある預金額までしか、利用することはできません。ゆうちょ銀行三菱東京UFJ銀行楽天銀行など、利用可能な銀行がいろいろあります。

 

プリペイド電子マネーとデビットカードの長所と短所は?

 

では、プリペイド電子マネーとデビットカードには、どんな長所や短所があるのでしょうか。
共通の長所としては、小銭を出さずに済むこと、利用額に応じてポイントがつくこと、利用にあたってクレジットカードのように審査がないことがあげられます。
プリペイド電子マネー特有の長所としては、店舗に提携したカードをつくることで割引が受けられたり、チャージした金額までしか使えないので使い過ぎを防ぎやすいことがあげられます。
短所としては、紛失した際の手続きが面倒、高額な支払いをする時には使いにくい、海外で使えない、残高の確認がしにくいことがあげられます。
一方のデビットカードの長所は、預金残高の範囲内しか使えないので借金をしなくて済む、VISAデビットカードなら世界中で利用ができる、通販サイトで使いやすいことがあげられます。
短所としては、紛失するとキャッシュカードもなくすることになるので不便、紛失した際の手続きが面倒、支払いにはサインや暗証番号の入力が必要なことがあげられます。

 

プリペイド電子マネーやデビットカードは、上手に使い分けよう

 

コンビニなどで買い物をする際には、店舗でつくれるプリペイド電子マネーの方がポイントはたまりやすく、サービスが受けやすいです。
ですが、高額な買い物をする時にはデビットカードの方が使いやすいものです。
プリペイド電子マネーやデビットカードは、利用できる場所や額にも違いがあるので、上手に併用することをおすすめします。

 

 トップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン