旅行で余った海外通過を電子マネーに交換できるサービスが開始!

いよいよサービス開始!ポケットチェンジの画期的なビジネスのこと

 

2016年7月、羽田空港に株式会社ポケットチェンジの専用キオスク端末がいよいよ設置されます。
これにより専用端末を使うことで、海外旅行者が現地で使い切ることのできなかった通貨を帰国時に電子マネーに交換できるようになります。
この背景には、海外旅行者が外貨を余らせて帰ってきても、約65%が帰国後に良外せずに持ち続けているという調査結果が出たことがあります。
その市場規模が日本国民だけでも年間3500億と試算されており、これを経済圏での活性化に生かせることができれば、大きなビジネスチャンスが生まれます。

 

 

ポケットチェンジのサービスの内容とは?

 

 

現在、ポケットチェンジは米ドルとユーロに対応しており、専用端末を使えば、ラ起点エディとしてチャージできます。交換レートは、為替変動に合わせて随時更新しています。
使用方法も、専用端末に効果を投入し、ICカードをかざすだけでチャージできること、紙幣のみならず効果も電子マネーに交換できることから、サービス開始から利用客が増加することが予想されます。

 

 

市場のニーズにマッチしたサービスは定着するのか!?

 

 

このサービスの特長は、日本人の海外旅行者の帰国時の外貨交換だけでなく、訪日した海外からの渡航者が帰国直前に電子マネー化できるのです。その際は、帰国先の国で利用可能な電子マネーに交換できるといいます。
あらかじめICカードを持っていれば、氏名や住所といった個人カードを入力する手間もなく、安心して使えます。
このサービスの認知度があがり、専用端末の設置数が増えていけば、飛躍的に伸びる化可能性があります。
今後、どんな付加価値のあるサービスが登場するのかにも、注目していきたいです。

 

 

 トップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン