ペットの葬儀の料金相場とペット保険で負担軽減が可能かを事前に知っておこう

ペットのお葬式をするときには、どれくらい費用がかかるの?

 

近年は、飼っていたペットが死亡してしまったときに、葬儀や火葬を行う家庭が増えているようです。
ペット専門の葬儀や火葬を行う民間業者も増えており、料金体系も様々です。
地方自治体を利用して火葬する場合は、その費用は3,000円程度からになるようですが、民間業者の場合はペットの大きさによって、10,000〜100,000円と幅があるようです。
これは、人件費や火葬設備費、灯油代などの経費と、ペットの体重で算出されます。
体重が重くなればなるほど、料金が高くなります。
また、火葬が合同なのか個別なのかでも、料金が異なります。
依頼する際に、きちんと料金を確認しておくのが基本です。

 

ペット保険って何?どんな費用をカバーしてくれるの?

 

近年、ペット保険のCMもよく見かけるようになりました。
ペットの食事内容や飼育環境が向上し、獣医療が高度化したことから、ペットの寿命が延び、高齢化が進んでいます。
その分、動物病院で治療を受ける機会が増え、高額な医療費が必要になっています。
そうした事態に備えて、動物病院で治療や手術、入院などの医療費がかかったときに、保険金で一定額を補償する「ペット保険」が人気を集めるようになったのです。
一般的なペット保険に加入できるのは犬や猫で、保険会社によっては鳥やうさぎ、フェレット、ハムスター、爬虫類も加入対象になります。
加入に際して年齢制限を設けていたり、加入時に健康診断が必要になることもあります。
ペット保険でカバーしてもらえるのは、ケガや病気による通院・入院・手術が基本です。
ペットが他人をケガさせたり、物を壊したときの賠償金や、診断書の作成費用がカバーされる保険もあります。

 

ペットの葬儀代をカバーしてもらいたいなら、加入時に特約をつけよう

 

ペット保険の内容は、保険会社によって異なります。
そのため、ペットの葬儀代が保険契約に最初から含まれているところもあれば、特約として別料金を支払い、適用できるようにするものもあります。
ペットの葬儀費用をカバーしてもらえる保険に加入すると、火葬や埋葬にかかる費用や、供養のための仏具の購入なども補償してもらえることがあります。
とはいえ、ペット保険の内容は年々変化しますので、加入にあたっては、数多くの資料を取り寄せ、きちんと精査することをおすすめします。
ペット保険は、損害保険会社や少額短期保険会社が扱っていますので、公式サイトなどで情報収集してみましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン