おまとめローンで失敗しないために知っておきたいこと

金利が高くなる場合も! どのように返済計画を立てたとき?

おまとめローンは、複数の借金を1つの業者に一本化し、バラバラだった支払日や借金残高の管理などを1つにまとめることができます。

 

借入額が大きくなることで利息が安くなり、毎月の返済が楽になることがあります。

 

しかしこれは金利が低い場合であって、おまとめローンをして金利が高ければおまとめするメリットはありません。

 

消費者金融と銀行を比べると銀行の方が安く感じるだけで、金融機関は貸し倒れのリスクが高いと判断された債務者には高い金利で貸付を行っているところもあります。

 

消費者金融は利息制限法で100万円以上の借入の場合は上限金利を15%まで下げなければいけませんが、100万円以下だと18%が適用されてしまい、かなり高金利になってしまいます。

 

銀行のカードローンであれば上限金利が15%くらいのところがあるので、おまとめにして金利が18%になってしまっては、おまとめをした意味がありません。

 

なので、借入金額が少なすぎたり、今借りているローンの金利の方が低い場合はおまとめローンをオススメできません。

 

実は返済総額が増えていた! 月々の返済額を減らすとどうなる?

今までより金利の低いおまとめローンに乗り換えるのが当然ですか、金利が低くても返済期間が長くなり、結果、支払い利息の合計が増えたという場合もあります。

 

毎月の返済額が減って楽になったかもしれませんが、おまとめローンをしたから借金の金額が減るわけではなく、毎月の返済額が減った分期間が延び、その延びた分に利息が付いてくるようになるので、返済総額が増えたということになるのです。

 

例えば、大げさな表現ですが、

  1. 10万円を低金利10%で1年借りた場合、利息は10万円
  2. 10万円を高金利20%で1ヶ月借りた場合、利息は16,667円

となり、このような場合は低金利でも損をしていることになります。低金利でも返済期間が長くなればなるほど利息は高くなってきます。

 

低金利の部分ばかりに目をとられてしまって返済期間を長く設定して月々の支払いを少なくしてしまうと、支払い総額が大きくなる可能性があるので注意しましょう。

 

まとめ〜返済が楽になるはずのおまとめローンもよく考えて返済しないと損することになるので注意!〜

おまとめローンは、いま借りているところより金利が安いところを選ぶのがポイントですが、金利が安いところは審査が厳しくなります。

 

審査では「借入総額」よりも「借入件数」が重視されることが多く、5社以上借り入れがある場合は審査に通る可能性は低いと言われています。

 

そして信用情報に「事故情報」がある方も同様です。

 

おまとめローンは現在借入しているローンよりも低金利のローンに借り換えることで初めて効果があります。

 

また、いくら低金利でも月々の支払いを減らして返済期間を延ばしてしまっては、支払い総額がまとめる前よりも多くなってしまった、ということになります。

 

自分の抱えている債務がおまとめローンをすることで少しでも楽になるのかどうかをきちんと調べてからおまとめすることをオススメします。

 

最近では携帯電話でも簡単に調べることができるので、おまとめローンをしようと考えている方は事前におまとめローンのシミュレーションをしてみましょう。

 

おまとめローンの審査クリアで借金解決【おすすめの銀行で返済シミュレーション】

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン