多重債務者は要注意!審査なし超低金利のおまとめ詐欺とは?

近年、借金の一本化を希望する多重債務者をターゲットとしたおまとめ詐欺が横行しています。
藁にもすがるような思いでいる多重債務者をだます卑劣な詐欺ですが、被害者はなかなか減りません。
どうすればおまとめ詐欺の被害を減らす事ができるでしょうか?

 

他人事ではない!多重債務に陥る原因と理由

多重債務者、と聞いてどのようなイメージを抱きますか?
一般的には借金に対する認識が甘い人、計画性がなく浪費癖のある人など、お金にルーズな人が多重債務に陥ってしまうのだと思われがちです。
しかし何もギャンブル癖や浪費癖がある人たちばかりが多重債務に陥りやすいという訳ではありません。

 

確かにかつてはギャンブルや浪費は多重債務の原因のトップを占めていました。
しかし近年、多重債務に陥る原因として圧倒的に多いのは低収入や収入の減少、失業などによるものとなっています。
生活苦からカードローンで借金を重ねるようになった末、多重債務に陥ってしまう人は激増しています。
不景気が長引き、誰もが職を失ったり収入が減ったりする可能性と隣り合わせである現在、多重債務は決して他人事ではありません。

 

消費者金融に適用される貸金業法では、2010年から完全施行された総量規制が功を奏し、多重債務者の実質的な人数は大きく減ったと言われています。
しかしもう一方で、貸金業法が適用されない銀行のカードローンの過剰融資が、新たな問題を生み出しているのではないかとも言われています。
貸付金額に明確な制限がないため、年収を上回る貸付が実際に行われていたことも確認され、返済能力のない利用者に融資をしているという状況も明らかになりつつあります。

 

総量規制によって、借り入れ金額に制限のある消費者金融のカードローンでは借り入れできなくなった人が、銀行のカードローンで大きな金額を借り入れるケースが増えているとの調べもあります。
何社以上から借り入れをすると多重債務と呼ぶのかを厳密に定義することは難しいのですが、複数の業者から借り入れをしていてその借金の返済が困難になっていれば、2社からの借り入れであっても多重債務者であるといえるでしょう。

 

多重債務者が巻き込まれやすいおまとめ詐欺とは?

多重債務によって月々の返済が負担に感じられるようになってくると、もう少し返済を楽にしたいと考えるようになります。
おまとめローンで借金を一本にできれば、と考える人も多いでしょう。
おまとめローンはこれまでバラバラだった複数の返済日を毎月1回に集約できますから、借金の管理が非常に楽になります。
さらに自分の借り入れ状況に照らしておまとめローンをうまく利用することができれば、これまでより金利を低くした上で毎月の返済額を減らしたり、総返済額を少なくしたりすることも可能になります。

 

おまとめローンを利用できれば、任意整理する場合のようにブラックリストに載らずに済むという意識も働きますから、多重債務者は何とかおまとめローンを利用できないかと必死になります。
そういったカードローン利用者の弱みにつけ込んでくるのがおまとめ詐欺です。おまとめ詐欺の典型的パターンをいくつか紹介しましょう。

 

借金の一本化を手伝うと謳って多重債務者を誘い、一本化するには手付金や手数料が必要だと言ってお金をだまし取ります。
だまし取る金額がそれほど大きくないので警察沙汰にもなりにくい点が問題となっています。
また、実際に借金の一本化をするケースもあります。
その代わりにそのサポート料として月々一定の手数料を要求してきますが、よく考えてみれば、おまとめローンを利用するのに手数料やサポート料など必要ありません。

 

また低金利での融資を謳っておきながら、申し込みに来た利用者に「こちらでは貸せないが他の業者を紹介する」といって別の業者で借り入れをさせ、紹介料の名目でお金をだまし取る方法も存在します。
その他、申込者の信用を確認するためと称し、とりあえず別の業者から借り入れをするように誘導する場合もあります。
借り入れができるだけの信用があることを確認できればウチで融資すると誘い、別業者で借り入れしたお金はその確認のために送金するようと指示されます。
入金が確認できれば別業者にはこちらから返済した上で、あなたにも融資しますという条件で、別業者で借り入れしたお金を送金させておきながら、後は連絡がつかなくなるといったパターンも見られます。

 

冷静になってみれば、いかにもおかしいということは一目瞭然なのですが、多重債務に陥っている時には冷静になることすら難しいものです。
とにかく借金を一本にまとめたいという焦りの気持ちばかりが先行し、容易に騙されてしまいます。それは多重債務に陥った経験の無い人には理解しにくい心理状況でしょう。

 

ここをチェックしたい!悪質業者の特徴と見分け方

 

貸金業者の登録番号がない

貸金業を行う業者は必ず都道府県知事又は財務局長の登録を受けなければなりません。
金融庁の「登録貸金業者情報検索サービス」などを利用して、利用しようとしている業者が正規の業者であるかどうか必ず確認しましょう。

 

電話やメールで勧誘がある

悪質業者の多くはメールで多重債務者に接触を図ります。
落ち着いて考えてみればなぜ個人情報を相手が知っているのか疑問に思うものですが、 常に借金のことが頭にあるような状態では冷静に考えることもできなくなってしまうものです。

 

破格の金利や借入可能金額

悪徳業者は、普通なら考えられないような好条件の金利や融資額を提示してきます。
これだって冷静になって考えてみれば、そんな条件で多重債務者が借り入れできるわけがないことぐらい分かりそうなものです。
しかし相手は、そのくらいの条件で借りられたらどんなにいいだろうという多重債務者の願望にうまく擦り寄って誘いをかけてきます。
「 金利3.0%〜5.4%」「今日中に250万円まで融資可」などという業者は絶対に信用してはいけません。
多重債務者にそのような条件で融資する業者はありません。
また、他社の審査に落ちた方でも融資可、 簡単審査で即日融資可、など好条件での融資を宣伝している業者も要注意です。
優良な業者であればそのような条件でおまとめローンを融資できるわけがないからです。

 

借金問題で解決の道を広げるには積極的に人の力や知恵に頼ること

 

多重債務者は、自分の借金問題を周りに知られたくなくて一人で抱え込んでしまう傾向にあります。
しかし、精神的に負担がある状態で冷静に自分の状況を把握することは非常に困難です。借金の利息は借入日数が長くなるほど増えていきます。
また借金の返済が滞り始めて返済が遅れてしまうと利息の増加にくわえて、利息とは別に損害遅延金も発生してきます。
そうして返済総額が増えてしまえばしまうほど、借金を解決するための選択肢も少なくなってしまうことを忘れないで下さい。
そうなってしまう前に一刻も早く第三者の専門機関に相談することをお勧めします。

 

借金に関する相談は法律の専門家である弁護士や司法書士に依頼するのが一番ですが、敷居が高いと感じる人も多いでしょう。
また 信頼できる専門家をどうやって探し出せばいいか分からないという人もいるでしょう。
そういった時には、まずは誰でも無料で利用できる消費者センターや法テラスなどで相談してみるとよいでしょう。

 

例えば消費者センターでは相談の内容によって 法的な解決法のアドバイスをしたり 、専門機関の紹介をしてくれたりします。
また法テラスではもう一歩進んで、収入や資産が一定基準以下の肩を対象に弁護士や司法書士の無料相談を行い、債務整理にかかる費用を立て替えてくれたり、任意整理の手続きも無料で行ってくれたりします。

 

それ以外にも、日本弁護士連合会(相談料原則有料、ただし初回無料としている所が多い)、日本司法書士連合会(相談料無料)、日本貸金業協会(相談料無料)、金融庁(相談料無料)、日本クレジットカウンセリング協会(相談料無料)など、あまり知られていませんが借金問題を相談できる公的機関は多くあります。

 

まとめ

 

多重債務に陥ってしまっても借金を解決する方法は必ずあります。しかしおまとめローン詐欺の手口は年々巧妙になっています。
多重債務で悩んでいるのなら、自分だけで解決しようとするのではなくぜひ専門機関の力を借りて下さい。それが一番の近道です。

 

どこからも借りれなくなる前のおまとめローンが大切

 

おまとめ詐欺に引っかかってしまった体験談

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン