住宅購入時にキャッシング利用歴があると不利になる?

キャッシングの利用がある場合、住宅購入のローンを組むときに審査が通らないのではないかと心配される方がいますが、キャッシングの利用履歴だけで住宅ローンが通らないということはありません。
もちろん住宅ローンの審査の場合、信用情報機関で経歴を調べて審査を厳しく行いますので、5年ほどのクレジットカードやキャッシングの利用歴を調べることはあると思いますが、利用額が少ない場合や延滞など返済が滞っていないのであれば、住宅ローン審査を落とす要因にはなりえないでしょう。

 

しかしやはり住宅ローンというのは、人生の中で個人がもっと高額の借り入れをすることですので、なるべく住宅ローン審査前にはキャッシングの利用を控えたり、返済を滞りなく完済しておく必要があります。

 

特に返済が滞りがちの人は信用がないという判断をされてしまうので、キャッシングの完済をして信用情報機関からデータが削除される5年ほどの期間住宅ローンを組む事が難しくなってしまいます。

 

5年もあれば住宅ローンを組むのが難しい年齢になりますので、その分頭金分の現金が必要になってきますから、しっかりと貯金をしておく必要があり、利用者の負担が増大することになってしまいます。
もちろん現金でマイホームを手に入れることができればいいのですが、キャッシングの利用をしている人では住宅ローン分の貯金をするのは難しいですね。

 

キャッシングと住宅ローンに大きな関係がないと思っていた人は、住宅ローンの契約をするまでにキャッシングの完済や過度の利用を控えることを推奨します。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン