キャッシングとカードローンには違いが少ない

お金を借りる方法として、キャッシングとカードローンが存在しますが、その二つは似たような性質は持っていますが違いがあります。
どちらも特定のカードを使用して、ATMや指定口座からの入金によって現金を借入することをいうのですが、キャッシングの場合はクレジットカードなどの追加機能としての利用が最も多く、少額融資でATMからお金を引き落とし、翌月に一括返済をすることを指し、カードローンはキャッシングよりも限度額が高く、お金の引き落とし方法は同じですが、返済方法が分割払いを設定しています。

 

キャッシングの場合はカードローンよりも金利が高く設定されていますが、クレジットカードを所有していれば、キャッシング機能が利用できる可能性が非常に高いので、面倒な手続きをしなくていいのはメリットが非常に多いです。

 

借り入れをする金額が10万円程度の場合はキャッシングを利用するのがお勧めです。
特に最近のキャッシングにはリボルビング払いを設定していますので、カードローンと同じように分割払いが利用できますので上記のような大きな違いはなくなりつつあると言っても過言ではないでしょう。

 

最近では銀行もカードローンを利用できるサービスを展開していますが、クレジット会社のキャッシング機能がリボルビング払いを活用するようになり、便利なローンの方法としてキャッシングの認知度が上がっていますから、カードローンの名称をキャッシングに切り替えている銀行があるほどです。

 

カードローンの最新人気ランキングはこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン