無利息期間を設定しているキャッシング会社の本音

お金を借りるキャッシングを利用するときに、利息を支払うのが当然でした。
しかし最近では総量規制が導入され、多くの人が銀行カードローンを利用するようになり、消費者金融を利用する人が激減しました。
そのため消費者金融では利用者を増加させたいという目論見がありまして、一定期間無利息金利を設定しています。

 

無利息と聞くと審査が厳しいとか怪しいのではないかと心配になる人もいますが、先ほども言ったように利用者の増加が目的ですから、デメリットを心配する必要はないでしょう。

 

無利息期間は消費者金融によって違いますが、大手消費者金融のプロミスは30日間、レイクは180日間無利息期間が設定されています。
中にはノーローンのように一週間だけ無利息期間が設定されていますが、返済を済ませたあとまたお金を借りた場合、一週間無利息の期間を用意されています。

 

大きな金額を借りる場合はプロミスやレイクを活用し、数万円程度や給料日での返済が可能なのであれば一週間無利息のノーローンを使いわけることにより、上手く活用すれば、急な出費にもすぐに対応できますし、利息や手数料などの余分な出費を抑えることができるますね。

 

ATMで出金も返済もできるようになっていますので、手数料を考えてもかなり安くキャッシングが利用できます。
消費者金融からすると金利で利益を得ることができない分、損をする可能性は非常に高いのですが、利用者が激減している赤字をカバーするには致し方ない処置と考えられています。

 

メリットいっぱいで便利な消費者金融ランキング

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン