日本の中央銀行である日本銀行ってどんな銀行?

日本銀行って、どんな役割を担っているの?

 

ニュースでよく見聞きする「日本銀行」は、個人のお金を預かることはありません。
では、どんな役割を担っているのでしょうか。
まず、「紙幣の発行」です。日本銀行は唯一、日本銀行券を発行することができる、発券銀行なのです。
次に、政府からの預金を受け入れ、資金を管理する「政府の銀行」としての役割です。
そしてもう一つ、「銀行の銀行」という役割があるのですが、これは次章で後述します。

 

 

日銀は「銀行の銀行」でもあるんです。

 

日本銀行は、市中銀行が個人や企業から預かった預金の一部を、無利子で当座預金として預かっています。
その預金を、金利を乗せて他の金融機関等に貸し出し、借りた市中銀行などがさらに金利を上乗せして貸し付けることで、利益が生まれるしくみになっているのです。
そのため、「銀行の銀行」と呼ばれています。

 

景気の調整も担う日本銀行は日本経済を支える存在

 

日本銀行は、手形や国債などの売買も行っています。
これは、日本銀行が市中銀行に対して国債の売買を行うことで、市場の資金量を調整し、景気や物価を安定させるよう働きかけるために行われます。これを、「金融政策」といいます。
具体的には、日本の景気が悪い時には市中銀行が持つ国債を買い上げ、市中銀行は得たお金を個人や企業に貸し出すことで、世の中にお金が出回るように調整します。日本銀行の貸し出す資金量が多いと、市中銀行では金利を下げることができるので、お金が借りやすくなります。
反対に、世の中にお金が出回り過ぎると物価があがってしまい、インフレが起こってしまいます。そんな時は、日本銀行が持っている国債を市中銀行に売ることでお金を回収し、市中銀行が貸し出せるお金を減らして金利を上げることで、世の中に出回るお金を減らします。
こうした日本銀行と市中銀行間で行われる国債などの売買を、「公開市場操作」といい、こうした金融政策をとることで、日本の景気を安定させているのです。

 

 

 トップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン