銀行が頻繁にCMをして必死に勧めている理由って?NISAの闇を探ってみた

NISAって何?どんなメリットがあるの?

 

2014年1月より、「NISA」と呼ばれる、少額投資非課税制度がスタートしたことは、みなさんもご存知のことでしょう。
NISAとは、毎年120万円までの株式投資や投資信託にかかる、値上がり益や配当金が非課税枠として設定されるという制度です。
NISAの継続期間は2023年までの10年間とされており、非課税枠の120万円は翌年に繰り越しはできず、非課税期間も最大5年と決まっています。
そしてその非課税枠は、売却した後に再利用することはできません。
20歳以上であれば誰でも口座を持つことができ、5年で最大600万円の投資を、非課税でできるのは、大きなメリットといえます。

 

120万円まで非課税という言葉に隠された、NISAのデメリットとは?

 

巷では、メリットばかりが強調されるNISAですが、当然デメリットもあります。
それは、特定口座や一般口座であれば、利益と損益を相殺することができるので、きちんと確定申告すれば税金がかかることはありません。
ですが、NISAの口座では、この損益通算が認められないのです。
また、特定口座や一般口座の場合、確定申告することで、その年にでた損失を3年繰り越し、税金の繰り越し控除を受けることができます。
ですが、NISAでは、損失繰り越しをすることもできません。
合わせて、通常の取引では株を担保に信用取引をすることができますが、NISAで保有している株は、代用有価証券にすることができません。
このように、NISAにはいくつものデメリットがあることを、きちんと理解しておく必要があります。
特に、特定口座や一般口座でも取り引きをしている人は、注意が必要です。

 

NISAを始める時に注意しておきたいこと

 

NISAでの取り引きは非課税とされていますが、実際には配当金や特定口座や一般口座に移管した後で課税されてしまうケースがあります。
NISAで口座を開く際に、配当金等受取方式を設定しますが、それを必ず「株式比例配分方式」にしてください。これ以外の方法を設定すると、配当金に課税されます。受取方式の変更は、口座を開設した後でも変更可能なので、すぐに確認しましょう。
そして、NISAの非課税機関である5年を経過する時、特定口座や一般口座に移管する人もいると思います。
その際、NISAで購入した株の取得価格が更新され、値下がりするケースも考えられます。
値下がりした株を特定口座や一般口座に移管しても、課税対象なので支払いから逃れることはできません。
そこで、損をしてしまうこともあるのです。
NISAを始めるにあたっては、こうしたメリット・デメリットを考慮して、5年先をみた利用をするとよいでしょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン