「あの人にねずみ講を誘われた!」は正しい使い方?ネットワークビジネスとねずみ講の違いとは

ネットワークビジネスはねずみ講じゃない?何が違うの?

 

みなさんも、「ネットワークビジネス」や「ねずみ講」といった言葉を聞いたことがあると思います。
そして、この二つを混同している人も、少なからずいるようです。
ですが実際には、ネットワークビジネスとねずみ講は異なるものなのです。
その一番の違いは、商品があるか否かです。
ネットワークビジネスは、マルチレベルマーケティング(MLM)と呼ばれることもあり、日本では「連鎖販売取引」または「マルチ商法」といわれることが多いです。
通常の商品取引では、売買はお店と購入者で完結します。
ですがネットワークビジネスでは、商品の購入が行われると、その紹介者やその上の紹介者など、多段的に報酬が支払われます。商品という情報を人に伝え、その商品の消費者なることで、流通網を広げていくと、ネットワークのようになることから、この名称がついています。
一方のねずみ講には、商品がありません。会員費など、金銭だけが流通し、収入範囲に制限がありません。そのため、先に始めた人が儲かる仕組みになっています。

 

ねずみ講は違法だけれど、ネットワークビジネスは合法って本当?

 

ネットワークビジネスは、特定商取引に関する法律が適用されるので、合法です。
訪問販売や通信販売、インターネット販売も、特定商取引に関する法律にしばられたネットワークビジネスといえます。
ネットワークビジネスには商品があり、収入範囲も有限です。そのため、始めた時期に関係なく、商品をたくさん流通させた人が儲かる仕組みになっています。
一方のねずみ講は、収入範囲が無限なので、間に何人介しても、トップが末端の収入を得ることができます。提供する商品がなく、会員費が収入源となるため、先に始めた人だけが儲かるようにできています。これは、違法なビジネスです。

 

ネットワークビジネスはトラブルが多く、一般の人には不向き

 

ネットワークビジネスとねずみ講は、合法・違法という点で大きな違いがあるのに、巷では混同されることが多いのはなぜかというと、参加者の人脈を使った紹介ビジネスであることと、金銭や人間関係のトラブルに発展することが多いからです。
参入するためには、商品の購入や会費の支払いが必要ですが、勧誘者が言った「絶対に儲かる」といった甘言を鵜呑みにして、安易に始める人が少なくないのです。
ですが、ネットワークビジネスを行うにあたり、特定商取引に関する法律に違反する行為を行っているところも多く、一般の人はなかなか儲からないのが現実です。
これまで築いた人間関係を壊さないためにも、軽い気持ちでネットワークビジネスやねずみ講に参入するのはやめましょう。

 

悪徳業者に引っ掛からないための闇金・金融犯罪への知識も必要

 

もしも闇金融に手を出してしまったら・・・


>>借金問題解決無料相談Q&Aへ