今さら聞けないネットバンクのメリットとデメリットって?

ネットバンクってどんな銀行?どこまでインターネットでできるの?

 

ネットバンクは、いまや私たちの生活になくてはならないものといっても、過言はないでしょう。
ですが、きちんとネットバンクの意味を理解して利用している人は、案外少ないのではないでしょうか。
そもそもネットバンクとは、店舗を持たずに営業している、インターネット専業の銀行のことです。
ネットバンクには、ジャパンネット銀行、ソニー銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、じぶん銀行、大和ネクスト銀行があります。
インターネットを介して、銀行取引を行うことを「ネットバンキング」といいます。
ネットバンキングでは、残高照会や入出金明細の照会、振り込み、振り替え、定期預金・外貨預金の預け入れと解約、投資信託の購入と解約を行うことができます。

 

ネットバンクのメリットとデメリットって何?

 

ネットバンクのメリットとしては、銀行の店舗に行くことなく、自宅のパソコンで預金残高や入出金明細の照会ができることです。
メガバンクや地方銀行でもネットバンキングをすることはできますが、月額の基本料が2,000〜5,000円程度かかるのが普通です。
ですが、ネットバンクの場合は、そうした手数料のほとんどが無料で、振込手数料も安くなっています。
これは、店舗を維持する費用や人件費がかからない分、様々な利用料を無料にしても、経営することができるからです。
一方のデメリットとしては、ATMから現金を引き出す際に、別途手数料が必要なネットバンクもあること、ログインIDやパスワードを忘れると利用できなくなることが、あげられます。
また、セキュリティ面にも問題があります。
手帳などにネットバンクの名前とログインIDやパスワードが記載されていた場合、不正利用される可能性が高いことです。
その点を考慮して、ログインIDと振り込み用のパスワードが設定されていますが、実害がないとはいいきれません。
その点は、覚えておく必要があります。

 

不正利用されないために、セキュリティ対策は万全にしておこう!

 

ネットバンクが不正利用された場合、口座の名義人本人に過失がなければ、全額補償してもらえます。
過失がない状態にするためには、パソコンに最新のウイルス対策ソフトを入れておくこと、必ずネットバンクの公式サイトからログインすること、推測されやすいパスワードを設定しないこと、他人にログインIDやパスワードを教えないこと、不審なメールのリンクを開かないことを、習慣にする必要があります。
それでも、不正利用の場合の全額補償については、ネットバンクによって対応が異なります。
そのため、いきなりメインバンクをネットバンクにするのではなく、すでに取引実績がある銀行で試してから、徐々に移行するのもおすすめです。
困ったときには、銀行が設置しているヘルプデスクやカスタマーセンター、コールセンターなどに問い合わせましょう。

 

 

人気のネット銀行カードローン一覧

 

従来の店舗型の銀行カードローンも負けていない!

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン