少しでも割のいい年金を!「トンチン年金」の仕組みについて解説

長寿年金と言われるトンチン年金って何?どんな仕組みなの?

 

みなさんは、「長寿年金」という言葉を知っていますか?
これは、年金の支払いを始める年齢を大幅に遅らせることで、超高齢期の生活資金を確保するための個人年金のことをいいます。
中でも有名なのが「トンチン年金」で、17世紀にイタリアのロレンツォ・トンチ氏が考案した、加入者が長生きすればするほど、生涯にわたって高額な年金を受け取れるというものです。
トンチン年金は、年金のための小口の出資を広く募集し、たくさんの資金を集めた上で、出資者を年齢群によって分類し、分類した集団ごとに出資に対する利子相当額を、毎年年金として支給し、集団ごとの生存者で分配するという仕組みになっています。
つまり、年金の支給を開始した時点で、生き残った人にのみ、年金として分配するということです。
そのため、年金支払い年齢より前に亡くなってしまう場合には、払い戻しを受けることができません。

 

トンチン年金は長生きするほど得するって本当?

 

トンチン年金は早く亡くなってしまえば、掛け捨て保険と変わりません。
ですが、年金支給開始以降は毎年、集団ごとに年金が支給され、それを分配するので、年齢が上がるにつれて、受取人が減る分、支給額が増える可能性があります。
長生きすることで、年金として受け取れる期間が長くなり、金額も上がるので、得をするのです。

 

生命保険会社がトンチン年金の販売に二の足を踏む理由

 

少子高齢化が進み、社会保障制度が揺らいでいる日本は、実は保険大国でもあります。
長寿国であることを考えると、トンチン年金への関心が高まってもおかしくはないのですが、商品化している保険会社は少数です。
これは、日本では「掛け捨ての保険がもったいない」「自分が長生きできる保証がない」と考える消費者が多く、加入者を増やせる見込みがないことがあげられるようです。
トンチン年金に加入する母数が確保できない限り、後に支払う支出が負担になる可能性があります。
とはいえ、既婚率が年々下がるいまの日本を考えると、トンチン年金で独身者がお互いを相互扶助するのはよい仕組みといえそうです。
今後の保険業界の動きに、注目していきましょう。

 

 

 トップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン