2016年参院選の結果を受け、アベノミクスはどのように進められるのかを予測!

参院選で圧勝したのに、日本の株の低迷が懸念される理由

 

2016年7月10日に行われた参議院選挙では、自民党・公明党が圧勝しました。
その結果、日本株の低迷が懸念されています。
この背景には、自民党・公明党が2/3以上の議席を獲得したことで、憲法改正の動きを加速させることで、成長戦略や経済政策に、これまでのように注力しなくなる可能性が高いからです。

 

外国人投資家が日本株を敬遠しているという事実

 

そうでなくても、マイナス金利の導入など、黒田総裁による日銀の金融緩和によって歪が生じています。
そのため、外国人投資家が日本株に対し、投資対象として注目しなくなっているという実情があります。
外国人投資家が日本株を敬遠している限り、真の意味での景気回復は見込めないのです。
そんな状況の中、イギリスがEUを離脱することになりました。
この影響を上、為替市場では円高・ドル安に向かいやすい条件が整っています。
そう考えると、日本株は今後も厳しい状況が続くことが予測されるのです。

 

日銀が追加緩和に踏み切れば、さらなる苦境に陥る可能性もある!

 

消費者物価は相変わらずマイナスを記録し続け、2%の物価安定目標の達成には、ほど遠い状況であり、黒田日銀は追加緩和に踏み込まざるをえない状況です。
追加緩和に踏み切っても、円安・株高に転じない限り、2%の物価安定目標は達成できないのです。
この2%の物価安定目標の達成が不可能だと判断されれば、円高・株安に転じるのはあっという間です。
そうなると、アベノミクスの「異次元の金融緩和」が限界を迎えたことが実証され、安倍政権に大きな痛手を与えます。
こうした様々な視点で安倍政権の動向に注視していくことが、国民として重要なことといえるでしょう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン