海外専用のプリペイドカードマルチカーレンシーのマネパカードとは?

1枚に6通貨のチャージができる、マネパカードって何?

 

海外旅行や海外留学、海外出張に行く時、すべての人がクレジットカードを持てるわけではありません。
かといって、日本より治安が悪い海外で、必要な生活費を現金で持ち歩くのは、いろいろな意味でリスクが高いです。
そんな時に重宝したのが、「キャッシュパスポート」でした。
これは、事前に利用したい金額を入金することで、現地で使えるトラベルプリペイドカードのことです。
ですが、キャッシュパスポートには、円やドル、ユーロ、英ポンドなど、通貨ごとにカードをつくらなければならないという、デメリットがありました。
そんな時、登場したのが「マルチカーレンシーカード」です。
これは、1枚のカードで円やドル、ユーロ、ポンドなど様々な通貨が、現地決済できるようになっています。
マネパカードも、このマルチカーレンシーカードの一つです。
1枚で、6つの通貨をチャージすることができます。

 

クレジットカードより、マネパカードの方がメリットが大きいって本当?

 

実はこのマネパカードは、海外で使う分には、クレジットカードよりメリットが大きいのです。
というのも、海外でクレジットカードを使うと、為替手数料や海外事務手数料などの名称で、利用額の1.6%もの手数料が加算されているからです。
その点マネパカードは、この手数料がクレジットカードの半額程度になっています。
例えばアメリカで1,000ドルの買い物をした場合について、考えてみましょう。
クレジットカードで商品を購入した場合、両替レート×1,000に加えて、1.6%の海外利用手数料がかかります。
ですが、マネパカードでは海外利用手数料が不要ですので、その分、費用が安く済みます。
長期滞在になり、生活費が必要な場合は、マネパカードの方が有利になるのです。

 

15歳以上なら持つことができるので、利便性が高い!

 

そして、マネパカードは15歳以上なら持つことができます。
クレジットカードのように与信審査もないですし、使用履歴が個人信用情報機関に登録されることもありません。
チャージさえしておけば、ガイアでの買い物は1回約80万円、1日約100万円、1カ月で200万円まで、日本国内での買い物は1カ月50万円まで利用することができます。
発行手数料や年会費もかかりませんし、銀行や両替店などの外貨両替よりも、お得になっています。
また、マネパカードはICカードなので、不正利用も防止できますし、カードを利用して購入した商品については、総額50万円まで保険で補償されます。
そして、マネパカード1枚に便ドルやユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドル、日本円の6つかチャージ可能です。
長期の海外渡航を予定しているなら、ぜひ検討してみましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン