日銀がマイナス金利を導入!…ってそもそもどういう意味?

日銀が発表したマイナス金利って何のこと?

 

2016年1月29日、日銀はマイナス金利の導入を決めました。
通常、銀行に預金すると利子がつき、微増ではありますが増えていくものです。
ですがマイナス金利になると、預金額に応じて、利子を銀行に支払わなければならないことをいいます。
とはいえ、マイナス金利は個人の預金に対して適用されるわけではありません。
日本銀行に口座を持っている各金融機関が、いま預けているお金については利子を払いますが、今後新規で預けるお金には−0.1%というマイナス金利が適用されるというものです。

 

どうして今、マイナス金利を導入したの?

 

各金融機関が日銀に預金をしておくと、そこには利子が発生します。
そのため、金融機関は回収のリスクを負う融資を実行するより、日銀にお金を眠らせておく方がよいという風潮がありました。
マイナス金利を導入することで、日銀に休眠させているお金を企業に貸し出し金利で収入を得る、他の投資を行うなど、市場にお金を流通させるきっかけをつくり、景気回復を目指そうとしているのです。

 

マイナス金利が導入されるとどんな影響があるの?

 

各金融機関は、日銀にお金を預けておくと、資産が減少してしまいます。
それなら、金利収入が見込める企業への融資を行った方が、収益をあげやすいです。
そうした流れで市場にお金が出回ることで、結果的に金融緩和につながります。
とはいえ、マイナス金利がプラスに働く業界とマイナスに働く業界に分かれることも懸念されます。
また、マイナス金利の導入により、住宅ローンや自動車ローンの金利が低くなる可能性がある反面、個人預金に対する金利も下がることも考えられます。
今後の動向に、注目しましょう。

 

 トップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン