マイナス金利導入がキャッシングやカードローンの審査をゆるくする?日銀が狙う融資増加は実現するのか?

マイナス金利を導入した日銀の意図とは?

 

2016年1月29日、日銀は日本で初めて、金融機関の当座預金の一部にマイナス金利を適用することを発表しました。
金融機関は日銀に対し、一定額の当座預金をするよう定められていますが、これまではそれを超過するお金を預け、利息を得ることが運用手段の一つでした。
ですが今後は、余剰金を当座預金として預けることで手数料が発生します。
日銀は当座預金にある余剰金を、金融機関が市場への貸し出しや投資に回すことで、市場経済の活性化並びにデフレの脱却を狙うという意図があるのです。

 

マイナス金利の影響で、キャッシングやカードローンの審査が甘くなるって本当?

 

マイナス金利の導入により、普通預金や定期預金の金利が引き下げになったことは、みなさんもニュースで見聞きしたことでしょう。
住宅ローンの金利も下がりましたし、HONDAでは新車のローンが0%になるなど、私たちの生活にプラスの面も見られます。
とはいえ、マイナス金利が続けば、預けている資産が目減りする可能性もあることから、銀行が個人向けのカードローンなどにさらに注力することが予想されます。
そうなると、「銀行のキャッシングやカーロドーンの審査が甘くなるのでは?」と考える人もいそうですが、残念ながらそれは考えられません。
銀行はあくまで、回収の見込みのある人に貸し付けを行うのが基本なので、審査基準に影響することはないでしょう。

 

借り換えをすることで、結果的に金利を減らせる可能性はある!

 

マイナス金利を導入することで、キャッシングやカードローンにすぐに影響が出ることはなさそうです。
ですが、住宅ローンやカーローンのように、金利が引き下げられたものについては、借り換えをすることで金利を減らすことができます。
また、キャッシングやカードローンが複数ある場合は、それをおまとめローンで一本化することで、金利や月々の返済額を減らすことができます。ぜひ、検討してみてください。

 

借り換え・おまとめにおすすめなのはソニー銀行のカードローン!