職業や年収以外にも!?カードローン審査ではココが見られてる!

書類上の情報だけじゃない!“あなた自身”が見られてる

 

カードローンの審査にはいろいろな書類は必要になり、収入や職業。勤続年数や家族形態などを見られているだけだと思っていませんか?
しかしこれと同じくらい見られているのが、借り主の外見や雰囲気も見られていて、自分では気づかない細かなところまで見られているのです。
例えば、ブランド物の服やバッグを身に付けて来店した利用者。
イメージからはお金を持っていそうなのできちんと返済してくれるだろう、と思いがちです。
しかし、金融会社の判断は金遣いが荒そうなので、お金の管理もだらしなそうと判断し、融資を断ったり、融資限度額を下げたりすることもあります。
金融会社では、服装や話し方、身に付けている物、乗っている車など、さまざまなものをチェックしています。

 

服装や話し方にも注意!無人機でも見られていることを意識しよう!

 

金融会社は「お金をきちんと返してくれるかどうか」という事を見極めるために書類の情報だけではなく、外見などでも判断するのです。
最近ではインターネットでの申込み方法が多くなってきて即日カード発行を希望すれば自動契約機でカードを受けとることが出来ます。
しかし自動契約機は無人だからといって安心はできません。
機内にはカメラが付いているのでそのカメラで利用者の外見や雰囲気を見て判断しているのです。

 

一見見て、
・怪しい人
暴力団関係者のように見える人など
・身なりがだらしない人
服装が汚い、きちんとしていない人など
・派手な人
ブランド物ばかり身に付けている人など
・店舗の前をウロウロして中々店内に入らない挙動不審な人
このような人は融資をしてもらえないか、融資金額が限度額まで借り入れできない可能性があります。

 

そして話す時でも目を合わせなかったり、話のつじつまが合わない、じっとしていられなく挙動不審な人、逆に聞いてもいないことを何でもしゃべってしまう人なども要注意になっています。
このような人は例えば借り入れの時、融資限度額が50万円となっていて、書類審査に通っても最後の判断は外見や様子で決まり、見た目や雰囲気に不審な点があれば、20万円しか融資してくれないという事もあります。

 

第一印象が大事なのは恋だけじゃない!きちんと誠実に臨むのが審査成功の鍵

 

上記以外にも「文字」も見られています。
文字には性格がでるので、きちんとしている人は記入の誤りや記入漏れ、虚偽の申告などがほとんどありませんが、文字が汚い人は記入漏れがあったり、職業などをはっきり書かなかったり、嘘を書いているという人が多いようです。
金融会社の担当者に良い印象を与えるには、やはり第一印象は重要で、自分をよく見せようと過剰にならず、きちんとした服装で嘘をつかず、受け答えがちゃんと出来ていれば問題はないでしょう。
書類に記入漏れや記入ミス、虚偽の申告がないのは前提ですが、自分の事を正確に、正直に伝え、身なりもきちんとしていれば融資を断られたりする事はないでしょう。

 

だからといって無人契約機を必要以上に敬遠することはありません。
土日でもキャッシングを申し込めたり、夜間でも即日融資ができたりするのはこの無人契約機のおかげと言っても過言ではないのです。

 

無人契約機がある消費者金融は本当に便利!

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン