キャバクラにハマって借金を作ってしまった時の解決策とは?

キャバクラが理由の借金は免責されない!?自己破産の免責不許可事由とは?

免責不許可事由とは、自己破産の手続きをしても必ず免責が許可されるとは限らず、一定の事由がある場合は免責が許可されず自己破産ができない事をいいます。

 

裁判所はそんな理由で借入をしたか、何のためにお金を使ったかという事を調査します。

 

免責不許可事由の種類を簡単に紹介します。

  • 自分や他人の利益を図っている場合。
  • 債権者を害する目的がある場合。
  • 債権者に特別の利益を与える目的で担保を提供したり、弁済期前に弁済するなどをした場合。
  • ギャンブルや浪費のために借金をしたり、財産を減少させたり、課題な債務を負担した場合。
  • 株や先物投資のために借金をした場合。
  • 返済ができない事が分かっていながらその事を隠し借金をした場合。
  • 支払い能力がないのに、信用取引のより財産を得、著しく不利な条件で処分した場合。
  • 借金などの額について偽証した場合。
  • 裁判所へ偽証を行った場合。
  • 免責申し立ての前7年以内に免責決定を受けている場合。
  • 破産法の定める破産者の義務に違反した場合。
  • 免責の審理期日に無断で欠席、出席しても陳述を拒んだ場合。

などになっています。
なので、キャバクラは浪費、ギャンブルの項目にあたり、免責不許可事由になってしまうのです。

 

免責不許可事由についての詳細はこちら

 

理由に関係なく借金を整理する方法!返済がきついなら個人再生を!

自己破産をしても上記の項目に該当してしまうと免責不許可事由となり、自己破産は出来ません。

 

そのような時は別の方法として、個人再生というのもがあります。

 

個人再生とは、裁判所を通して債務を減額してもらう手続きで、自己破産とは違い、一定の条件を満たせば住宅を手放さなくても手続きができ、保証人になっていない限り家族に迷惑がかかることはありません。

 

個人再生の大きなメリットは、ギャンブルや浪費が理由の借金でも問題なく手続きができる事です。
そして、自己破産は資格制限があり仕事にも影響が出ますが、個人再生は職業制限がないので資格制限がある方でも利用できます。

 

しかし、デメリットもあります。
個人再生を申し立てるには、

  • 安定した収入がなければ手続きができないという事
  • 住宅ローンの金額は減らせない事
  • 自己破産のように借金がゼロにならない事
  • 手続きが複雑で費用が多くかかってしまう事
  • 官報に載り、信用情報にも記載され、5〜7年間は新規の借り入れやクレジットカードを作ったりする事ができない事

というデメリットがあります。

 

個人再生についての詳細はこちら

 

キャバクラの借金は自己破産できないので個人再生する方向で解決しよう!

キャバクラで作ってしまった借金が大きくなってしまい、返済に困ってしまった場合は債務整理で解決出来ますが、自己破産ではその分の借金は免責されません。

 

任意整理は、自己破産や個人再生に比べると債務を減額させる効果が高くないので、債務額が大きい場合は個人再生をオススメします。

 

個人再生は債務を大幅に免責(5分の1程度)し、それを3年から5年で返済するという計画案が裁判所に認可されれば債務は計画案に記載された金額まで減額され、分割返済をしていくという流れになっています。

 

借金をかかえ債務整理を考える場合は、メリット、デメリットを理解した上で自分に合った債務整理をするように、専門の弁護士や司法書士に相談して行いましょう。

 

債務整理について詳しくはこちら

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン