注意!銀行口座の売買は犯罪です!知らぬうちにヤミ金やオレオレ詐欺に利用される危険性

銀行口座を売ってください!どのようにして誘われる?

銀行口座の売買を持ちかけてくる手口として、
・インターネットやダイレクトメールで売買を持ちかける。
・「手軽にお金を稼げるバイトがある」などとインターネットの掲示板や電子メールなどで誘い、他人になりすまして口座を作らせようとする。
というものが主な手口になっています。
またターゲットをしぼって電話をかけてくることがあります。
それは過去に自己破産をしたり、闇金を利用したりしている人です。
そのような人はお金に困っていることが多いので、銀行口座を売ってお金を手にすることができるという誘いは魅力的なはずです。
自己破産をしている人は官報に名前と住所が出るので、そこから情報を得て、ダイレクトメールを送ってくることが可能になります。

 

売った銀行口座の使い道は?犯罪の片棒を担がされることになるかも!

売買された口座は振り込め詐欺(投資勧誘詐欺、還付金等の詐欺など)、資金洗浄(闇金融業者、マネーロンダリング)、ネットショッピング詐欺など、さまざまな犯罪に悪用されてしまう危険があります。

 

なぜこのような事をするのか?
闇金業者らが被害者からお金を振り込ませるのに自分の口座では簡単に足がついてしまうので、全く関係のない第3者の口座を振込先に使えば、警察に捕まりにくくするためです。
闇金が利用したと銀行にバレれば口座はすぐに凍結されるので、その口座は使い捨て、他の口座で同じことを繰り返し悪用しているので多くの口座を必要としているのです。

 

しかし売った口座の持ち主は、売った人のものなので、詐欺に使われたとされれば警察は売った人の元に行き、事情を聞かれることになるでしょう。

 

銀行口座を売った代償は大きい!2度と口座が作れなくなることを覚悟しよう

銀行口座の売買は犯罪です!
買う側にはもちろん、売る側にも罪は問われます。
最悪の場合売った側も逮捕され、損害賠償を請求されてしまうこともあります。

 

そして銀行口座を売った事が銀行にバレてしまうと、口座は凍結され利用できなくなり、その銀行では二度と口座は作れなくなってしまいます。
そうなると、給料の銀行振込や、公共料金の引き落としなどもできなくなるので、生活に支障が出てきます。

 

「簡単にお金が稼げる」などといった怪しい勧誘には裏があると思い、間違っても銀行口座を売ったりしてはいけません。
そして使わなくなった口座をそのままにしておいたり、通帳やキャッシングカード、携帯電話などの紛失を届け出ずそのままにしておくと知らない間に犯罪に利用されてしまう可能性があるので、使わない口座は早めに解約、無くしてしまった携帯やカードは無くした事に気付いたらすぐに利用を停止してもらうようにしましょう。

 

口座売買をして大変なことになった体験談はこちら

 

悪徳業者に引っ掛からないための闇金・金融犯罪への知識も必要

 

もしも闇金融に手を出してしまったら・・・


>>借金問題解決無料相談Q&Aへ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン