個人事業主でも借りられるビジネスローン。銀行の融資との違いとは?

個人事業主が銀行から借り入れをするのは、それほど簡単ではない理由とは?

 

個人事業主であっても、仕事をする上で運転資金は不可欠です。
ですが、銀行などで借り入れをしようとすると、なかなか融資をしてもらえない現実があります。
それは、個人事業主は仕事や収入が不安定で固定されにくく、会社員のように勤務実態がつかみにくいことが理由です。
そのため、金融機関から借り入れとして経費に算入できる事業資金の融資だけでなく、誰もが無担保で借り入れ可能なカードローンの審査も、かなり厳しくなっています。

 

個人事業主と法人では、社会的信用に大きな差がある!

 

法人が事業資金を借り入れることができるのに、個人事業主にはなぜ金融機関が貸し渋るのかというと、社会的信用に大きな差があるからです。
法人登記をするには、公証役場と法務局で法人手続きが必要です。
法務局に登記申請を行い、認証を受けて法人を設立すると、手数料を支払うことで会社の謄本を取得することができるようになります。
会社謄本には会社名や所在地、代表取締役をはじめとする役員全員の名前、設立年月日、会社の資本金、事業内容などが明記されています。
この会社謄本が、事業資金を借りる上で、会社の実態を伝えてくれるのです。
一方の個人事業主は、法務局への登記申請を行う必要はなく、自分の意志ですぐに起業することができます。
ですが、法人のように自分の事業運営の状態や経営状況を示す公的文書がありませんから、借主である個人の信用力で判断するしかなく、社会的信用は低くなってしまうのです。

いざという時のために個人事業主が銀行から借り入れしにくい理由を理解しておこう

 

とはいえ、個人事業主が事業資金の借り入れができないわけではありません。
借り入れしにくい理由を理解し、それに対処する準備をしてから、金融機関を訪れればよいのです。
借り入れしにくい理由は、収入が不安定なこと、仕事の実態が見えにくいことです。
そこで、金融機関に融資の相談に行く時には、最新の確定申告の控えを持っていき、自分の収入や仕事があることを証明しましょう。
そして、個人事業主に特化したプランの申し込みをするのです。無担保のフリーローンやカードローン、有担保のローンなど、個人事業主向けの融資プランはいろいろあります
とはいえ、こうした融資を受けるためには、あらゆる支払いを遅らせないことが大前提です。
クレジットカードや携帯電話料金、家賃などの支払いが遅れることがないよう、注意してください。

 

個人事業主が借りられるビジネスローンってどんなもの?

 

そもそもビジネスローンとは、金融機関が借り主に対し、無担保・保証人なしで融資を行うものを指し、開業資金や運転資金、仕入れの費用、つなぎの資金、新規事業立ち上げのための資金など、使途の目的も様々です。
個人事業主が借り入れできるビジネスローンには、「事業者ローン」「商工ローン」「ビジネスカードローン」などがあり、担保があるローンと比べると金利は高めに設定されているため、短期的な資金調達を目的に利用する人が多いようです。

 

銀行の融資とビジネスローン、どこが違うの?

 

銀行で融資を受ける時には担保や保証人が必要になりますし、審査にも時間がかかります。
ですがその分、融資の上限額がビジネスローンより高く、金利は低く設定されています。
ビジネスローンは、そもそも銀行融資が受けにくい企業に対するサービスとして生まれました。
そのため、個人事業主なども借り入れがしやすいですが、貸し倒れのリスクも高いことから、審査は緩めでも借り入れ上限額が低めに設定され、金利も高く設定されているのです。
とはいえ、即日融資が可能なところも多く、総量規制対象外ということもあって、利用する個人事業主の方が増えています。

 

ビジネスローンと銀行融資を上手に使い分けよう

 

つなぎ資金などが必要になった際に短期的にビジネスローンを利用することで、事業の運転資金を用意しやすいのはメリットです。
一方で金利だけを見るとビジネスローンは消費者金融並みの利息を払うことになりますので、長期的な借り入れに適しているとはいえません。
また、銀行に融資を依頼する前にビジネスローンを利用すると融資が受けにくくなるという現実があります。
個人事業主が仕事で必要な資金を借り入れたいなら、日本政策金融公庫や新規開業ローンなどの公的融資の申し込みから始めて、銀行融資、ビジネスローンの順番で、借り入れを検討することをオススメします。
そして、個人事業主の場合、事業資金としてビジネスローンを借りるのではなく、生活資金を銀行のカードローンで借り入れる方が、金利も低く、審査が通りやすいかもしれません。
ぜひ、検討してみてください。

 

担保・保証人不要のビジネスローンなら『ビジネスパートナー』

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン

ビジネスローン関連記事一覧

国から融資が受けられる開業資金って?開業前に知っておきたい資金調達法

新規開業のために融資が受けられる行政機関とは?新規開業をしたいと考えた時、ネックになるのは資金調達ではないでしょうか。もし、独立起業を考えているなら、いきなり銀行に融資の相談に行くのではなく、国や地方自治体の制度融資を利用することも、検討してみましょう。制度融資とは、各地方自治体が、中小企業の支援を...

» 続きを読む

ビジネスローンの審査って個人向けカードローンと比較してどう違う?

そもそもビジネスローンと個人向けカードローンは何が違うの?個人事業主が資金繰りを考える時、ビジネスローンを組むか、個人向けカードローンに申し込むか、悩むことがあるかもしれません。どちらもお金を借りることに違いはないのですが、ビジネスローンと個人向けカードローンは、まったく違う金融商品です。ビジネスロ...

» 続きを読む

事業者の急場しのぎに総量規制対象外のビジネスローン!賢い利用の仕方とは?

急に資金調達が必要になったらビジネスローンの利用を検討しよう!中小企業の経営者あるいは個人事業主としてビジネスを行っていると時折、資金繰りに悩まされることがあります。それが運転資金やつなぎ資金、設備投資などいかなる理由であっても、すぐに現金を用意できるほど、余裕を持って経営できている人は少数派なので...

» 続きを読む

法人が銀行からお金を借りるときにお世話になる信用保証協会とは?

信用保証協会って何?法人は必ず関わるの?企業が銀行から融資を受ける際、信用保証協会への申し込みが紐づていることが多いです。信用保証協会とは、中小企業・小規模事業者の金融円滑化を目的に設立された、公的機関のことをいいます。中小企業・小規模事業者が金融機関から事業資金を調達しようと考える時に、信用保証協...

» 続きを読む

起業・独立する前にクレジットカードとカードローンを作っておこう

起業・独立後の収入は不安!お金が不足する事態に備えるには?最近ではインターネット系の事業が増えたことで昔より年齢の若い方でも独立しやすくなりました。その背景として、バブル崩壊後、企業の終身雇用制度の崩壊とともに働くという事に対しての意識が変化し、働き方が様々になってきているからです。起業・独立のメリ...

» 続きを読む

個人事業主でも借りられるビジネスローン。銀行の融資との違いとは?

個人事業主が銀行から借り入れをするのは、それほど簡単ではない理由とは?個人事業主であっても、仕事をする上で運転資金は不可欠です。ですが、銀行などで借り入れをしようとすると、なかなか融資をしてもらえない現実があります。それは、個人事業主は仕事や収入が不安定で固定されにくく、会社員のように勤務実態がつか...

» 続きを読む

ビジネスローンで即日融資!事業資金を今日中に借りたい方必見!

会社経営者や個人事業主として事業を営んでいる方の多くは、事業資金の調達は銀行の融資を利用しているという方が多いのではないでしょうか。銀行では保証協会付きの融資などの取り扱いもしており、金利の低さが魅力ですが、審査に時間が掛かるのがネックでもあります。しかし、事業を営んでいると、思いがけない支出や様々...

» 続きを読む