金融機関って一言でいうけどどんな業者のことを言うの?

金融機関には、どんな種類があるの?

 

金融機関と聞くと、銀行や信用金庫、カード会社などを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
ですが、それ以外にも金融機関に分類されるものがあります。
それは、証券会社や保険会社、投資信託会社、郵便局、消費者金融会社、外国為替取引会社、商品先物取引会社などです。
金融機関とは、資金の余剰部門と不足部門の間で、資金の仲介を行う役割を担っています。
そして、政府系金融機関と民間金融機関に分類されているのです。

 

これも金融機関?証券会社や保険会社の仕事と役割とは

 

証券会社や保険会社は、民間金融機関に分類されます。
中でも証券会社は直接金融に分類され、金融商品取引法に基づき、有価証券の売買や売買の媒介・取り次ぎなどを行っています。証券業を営むには、必ず内閣総理大臣の登録を受けなければなりません。
一方の保険会社は間接金融に分類され、保険業法第3条第4項の生命保険業免許を受けた生命保険会社と、保険業法第3条第5項の損害保険業免許を受けた害保険会社に分かれれます。また、「JA共済」「全労済」「コープ共済」といった、根拠法のある共済も保険会社に分類されます。保険会社では、個人または企業から保険料を徴収し、それを必要としている人に保険金として支払うという、万が一の備えとしての役割を担っています。

 

金融機関と言っても様々!金融取引業務がある業者と覚えておこう

 

民間金融機関は、さらに「間接金融」と「直接金融」に大別されます。
間接金融とは、個人から預金という形で資金を集め、自社の責任で企業に貸し付けを行う金融機関を指し、銀行や信用金庫、保険会社がここに分類されます。
一方の直接金融は、企業がお金を借りるために発行する、株券や社債などといった本源的証券を仲介する役割を担います。そのため、証券会社だけが分類されるのです。
このように、金融機関にも様々な種類があり、いろいろな金融取引業務を担っていることを、覚えておいてください。

 

 トップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン