カードローンの金利ってそもそも何?どうやって計算するの?

カードローンの金利は高いの?何を基準に設定されているの?

 

カードローンに限らず、金融会社から借り入れをした場合、実際に借りた元金の他に、元金に一定の利率をかけて算出される利息を合わせて支払うことになります。
金利とは、この一定の利率のことをいいます。
カードローンの金利は、会社によって違いはありますが、ほとんどが年利5〜18%で設定されています。
数字だけみると高そうですが、実際はそれほどではありません。
とはいえ、用途が決まっているマイカーローンなどより金利が高めに設定されているのは、カードローンには他にはない、設定金額の範囲内で何度でもくり返し使えるという特徴を持っているからです。
そうした利便性と、カードローンはそもそも短期資金に対する低金額の融資であることから、目的が明確なローンより、金利が高めに設定されているのです。

 

カードローンの金利の計算方法を理解しておこう!

 

では、カードローンの金利の計算方法を説明しておきましょう。
カードローンの利息は日割り計算になっており、毎日つきます。
金利15%のカードローンで10万円を借り入れ、1カ月後に一括返済したと仮定します。
その場合に支払う利息は、10万円×15%×30日÷365日=1233円になります(端数切り上げ)。
思うほど、金利が高くないことがわかりますよね。

 

金利の低いカードローンを上手に活用する方法とは?

 

カードローンを上手に活用する方法ですが、短期間で返済の目途がたっているなら、無利息カードローンを利用することをおすすめします。
これは、金融会社が定めている一定期間で、初回取引などの条件を満たしていれば、無利息でキャッシングができるというものです。
大抵は30日以内に返済できれば、利息は一切かからないので、上手に活用したいところです。
また、カードローンは借入期間が短ければ、支払う利息が少なくてすみます。
余裕があるときにくり上げ返済を行っておけば、支払総額を減額することもできます。
必要な時に必要な額だけカードローンで借り入れをして、できるだけ早く返済するという、賢い活用方法を実践しましょう。

 

カードローンの人気ランキング

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン