起業・独立する前にクレジットカードとカードローンを作っておこう

起業・独立後の収入は不安!お金が不足する事態に備えるには?

 

最近ではインターネット系の事業が増えたことで昔より年齢の若い方でも独立しやすくなりました。

 

その背景として、バブル崩壊後、企業の終身雇用制度の崩壊とともに働くという事に対しての意識が変化し、働き方が様々になってきているからです。

 

起業・独立のメリットは、
・自分のやりたいことができる。
・努力、実力次第で多く稼げる。
・定年がなく続けられる。

 

しかしデメリットもあり、
・すべて自分の責任になる。
・様々な状況、理由によって収入が安定しない。
・社会的信用が低い。
・借金を負うリスクがある。

 

このデメリットの事も考え、起業・独立する時に一番備えておくべき事は「資金」です。
起業・独立すれば何が起こるか分かりません。独立し起業をして成功すればいいですが、もしそうならなかった場合、資金不足に悩むでしょう。
なので会社に勤めている間にある程度貯金を貯めておき、余裕をもって起業・独立し、資金不足になった時の対応も考えておくべきですね。

 

独立する前にクレジットカードとカードローンは作ろう!その理由は?

 

独立したときに資金不足の問題にぶつかったとき役立つのがクレジットカードやカードローンでしょう。クレジットカードやカードローンを持っていればまさかの時の資金繰りに役立つでしょう。

 

しかしクレジットカードやカードローンの審査の時、独立した方の審査は会社員に比べて厳しくなっていて、独立してからクレジットカードなどの審査に通らなかったという例が多くあります。
その理由が「安定」、「信用」があるかないかで判断されるからです。
クレジットカード会社は貸したお金を返してくれるか、毎月きちんと返済できるかどうかを見ているので、会社員の方は安定があり、毎月安定した収入がありますが、独立した方は毎月安定した収入があるかどうかが分からないため信用度が低くなってしまいます。

 

ですからクレジットカードやカードローンを申し込むのは会社勤めをしている時の方が信用もあり、安定があるので審査にも通りやすいので、独立する前に作っておいた方がいいのです。
作っておけば独立して資金に困ったときに頼りになるでしょう。

 

会社員のほうがクレジットカードやカードローンは審査が通りやすいので、独立前に作っておくのが得策!

 

独立すると収入は不安定になるでしょう。
そうすると貸す側も慎重になります。審査で何よりも重視しているのが安定した収入で、安定していればそれが信用に繋がります。

 

だからこそ安定した収入が収入がある会社員審査に通りやすいのです。大手企業などに勤めていれば審査には最も有利になるでしょう。

 

独立しても高く評価されるためには少なくとも2〜3年間実績を積み収入もある程度あるということを証明する必要があるので独立したばかりでは厳しい条件だということには違いありません。

 

独立後のいざという時の資金繰りに役立つクレジットカードやカードローン。
独立を考えクレジットカードなどを必要としているなら信用度の高い会社員のうちにクレジットカードやカードローンの申し込みをしておくことをおすすめします。