実は怖い携帯料金!滞納すると住宅ローンが組めなくなるって本当?

携帯電話端末を分割払いする人に注意が必要なこと

 

携帯電話やスマートフォンは、現代の私たちが仕事や生活をする上で、必需品といっても過言ではないでしょう。
携帯電話やスマートフォンを購入する際、ほとんどの人が携帯電話端末を分割払いにしているはずです。
その分割した金額は、毎月の電話料金に加算されて請求されています。
携帯電話料金は、水道やガス、電気などの公共料金と同じで多少支払いが遅れても大丈夫と勘違いしている人もいるようですが、これを延滞することで、その後に様々な悪影響が及ぶことを理解しておく必要があります。
機種変更のために携帯電話端末を分割払いするということは、クレジットカードの分割購入と同じという意識を持つことが大事です。
つまり、期日までに支払わなかった場合、個人信用情報機関に履歴が残り、ブラックリストに載ってしまうのです。

 

携帯電話料金を滞納で最も怖いこととは?

 

携帯電話端末の支払いが終わっていても、利用を続ける限り、電話料金が発生します。
携帯電話料金の滞納を続けた場合、強制解約によって電話が使えなくなるだけと考えるのは早計です。
個人信用情報機関に事故情報が登録され、その後5年間は新たな携帯電話の契約ができなくなることがあるのです。
また、契約できたとしても、機種代金の分割払いができない、一契約につき10万円の保証委託金が請求されることもあります。

 

信用情報に記録が残ると、住宅ローンが組めなくなる!

 

個人信用情報機関に事故情報が載ると、それ以外にも様々な悪影響が及びます。
キャッシングやカードローンが組めなくなる、クレジットカードが新たにつくれない、住宅ローンや事業向けローンの審査が通らなくなるなどが、その一例です。
個人事業主や今後起業を予定している人にとっては、大きな弊害になる可能性が高いです。
また、住宅ローンが組めなくなることで、マイホームが手に入らないという人が数多くいます。
携帯電話料金は、期日までにきちんと支払いができるよう、購入時期や金額、使い方に注意しましょう。

 

借金問題解決の一歩目はおまとめローン

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン