お笑い芸人の『かつみ・さゆり』は1億7千万円借金があるとニュースで話題!過払い金があったらいくらになるんだろう?

お笑い芸人『かつみ・さゆり』の借金が1億7千万円のニュースを見てビックリ!

「ぼよよ〜ん」で有名なお笑いコンビ「かつみ・さゆり」。
TVでも多額の借金を抱えているということを公表していますよね。
27年前には1億7千万円まで借金が膨れ上がり現在も返済中で元金が減っておらず、まだまだ借金地獄から抜け出せていない様子です。

 

なぜこのようになったのか?
始まりはかつみさんのマンション購入から始まり、順調にいきマンションの価格が一時は3倍になるなりました。

 

銀行から1000万円借りたお金を株に投資し、それが3億円にまで膨れ上がったなど順調にいっていたそうです。
しかし、欲が出てしまい3億円をすべて投資につぎ込み、この時期にバブルがハジけ大損をしてしまい、4億7千万の損をし、持っていた3億円を差し引くと1億7千万もの借金ができてしまったのです。

 

かつみさんは自分が作った借金なので自己破産をせず、一生かけて返済しようと決めたそうです。

 

100円ショップや一口馬主、ラーメン店などいろいろな事業をしてきましたが上手くいかず閉店。
しかしまた新しいことに挑戦し続けるかつみ・さゆりさんには感心させられます。

 

【仮定】もし27年前からの1億7千万に過払い金がつくならいくら位になるんだろう?

1億7千万円もの借金を今だに返済していると聞くと気になるのが過払い金ですよね。

 

27年前からの借金。
2006年に貸金業法が改正されているので、それ以前の借入になるので過払い金が発生している可能性は十分あると考えられます。

 

もし1億7千万円に過払い金がつくなら、1億7千万円で金利が29、0%の27年(324ヶ月)で計算すると…
6億円もの過払い金が発生していることになります。
民事法定利率(5%)、商事法定利率(6%)が適用されれば2倍、2.5倍の過払い金が返ってくる可能性があります。

 

あくまでもシミュレーション上の計算ですが、借り入れた金額をはるかに超えた過払い金になり、利息の怖さを思い知らされました。
かつみ・さゆりさんの場合は、返済途中でさらに借入をしているので元金が減らず、返済がなかなか終わらないのです。

 

長年払っている借金は過去の金利を確認してみよう!過払い金発生の可能性あり!!?

過払い金が発生する条件として、
・完済しているが、借り入れた時期が昔(貸金業法改正前など)なほど多く発生している。
・限度額が大きいと、それだけ大きな利息を払っている事になるため発生している可能性がある。
・4〜5年以上の取引年数で、20%以上の利息を払っている人
などの人は過払い金が発生しているかもしれません。

 

しかし、いくら昔からの借入でも利息制限(15%〜20%)を超えていなければ過払い金は発生していない可能性もあります。

 

もし過払い金の発生を確認したければ、専門の弁護士や司法書士に相談、または最近では携帯で過払い金の計算ができるサイトがあるので過去の金利を確認し、過払い金を確かめてみましょう。

 

過払い金請求について詳しくはこちら

 

借金解決の一歩目はおまとめローンから

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン