還付金詐欺の注意点

どのような人に電話がかかってくる?還付金詐欺とはどんなもの?

 

還付金詐欺とは、輸出入に伴い税金を調整する制度や医療費や保険料、税金の還付する制度を悪用し、あたかもお金が戻ると思わせ言葉巧みに犯人の口座にお金を振り込ませるという詐欺です。

 

犯人は社会保険事務所の職員や自治体の職員、税務署職員を装って還付金があると電話をかけてきます。
そしてATMへ行かせ、電話でATMの操作を教え犯人の口座にお金を振り込ませるという手口です。
高齢者、一人世帯の人の家に電話がかかってきやすく、真面目な人や自分は大丈夫、絶対騙されないという人は騙されやすい傾向も見られます。

 

本当にお金が返ってくるか確認するべき!還付金詐欺はどこに相談すればいい?

 

還付金があると電話がかかってきた場合は、一人で悩まず、身近な人に相談するか、もしいなければ自治体の相談窓口や弁護士などに相談してください。
本当に還付金があるかどうかを知るには税務署に問い合わせるか、最近ではインターネットのe-Taxで調べることもできます。

 

基本的に還付金を受け取るのに振込は必要ないので、そのような電話はまず怪しいと思うようにしましょう。

 

ATMの操作を依頼される還付金はありえない!銀行に行く前に還付金があるかどうかの確認を

 

「ATMで手続きをして還付金を受けとることができます」、「携帯電話を持ってATMに行ってください」をいうのは100%詐欺です。

 

還付金の手続きで市職員が家に来て手続きをしたり、金融機関でのATMの手続きは行うことも一切ありません。

 

そして社会保険庁または社会保険事務所という言葉が使われている場合も100%詐欺です。
なぜなら現在は日本年金機構、年金事務所に改名されているからです。

 

上記でも書いたように、このような詐欺と思われる電話やはがきが届いたら、税務署に問い合わせるか、e-Taxを検索して確認か、還付金が分かる国税庁のサイトに詳しく載っているので参照してみてください。

 

悪徳業者に引っ掛からないための闇金・金融犯罪への知識も必要

 

もしも闇金融に手を出してしまったら・・・


>>借金問題解決無料相談Q&Aへ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン