自動車税が還付されることがある? どういった時に還付金を受け取れるか知っておこう!

自家用車を廃車にすると、自動車税が還付されることがある!

 

年末調整や確定申告をすると、払い過ぎた税金を還付してもらえることは、みなさんもご存知のことでしょう。
では、自動車税も還付してもらえることがあることを、知っていますか?
実は、自家用車を廃車にすると、時期によっては自動車税を返してもらうことができるのです。
これは、永久抹消登録でも、一時抹消登録でも変わりません。
もし、自家用車を廃車にする予定があるのなら、自動車税が還付されるタイミングで、登録抹消することをおすすめします。

 

自動車税の還付金を受け取るための条件とは?すべての車に適用されるの?

 

自動車税は、毎年4月1日に車を所有している人に科せられ、1年単位で納付することを義務付けられています。
そのため、5月の納付期限に自動車税を支払った場合には、廃車にした翌月から3月までの月数で月割りした分が、還付金として戻ってきます。
そして、自動車税は廃車の手続きをすると、自動的に戻ってくるものです。
ですが、住民税や事業税など、他の地方税を未納している場合は、還付金で未納分を補てんした後、残額が戻ってきます。
つまり、自動車税の還付を受けるためには、税金の滞納があってはいけないということです。
そして、軽自動車の場合は、自動車税そのものが安いので、廃車にしても還付金は戻ってきません。
この点を理解して、抹消登録をするようにしましょう。

 

自動車税を返してもらうために必要な手順とは?

 

では、自動車税を返してもらうために、どんな手続きが必要なのでしょうか。
実は、運輸支局で自家用車の末梢手続きをするだけです。
永久抹消手続きをするためには、車の所有者の実印と印鑑証明書、車検証、ナンバープレート、移動報告番号と解体通知日の書かれた書類、リサイクル券、自賠責保険証明書、マイナンバーの個人カードまたは通知カードのコピーを用意する必要があります。
それを持参して廃車の手続きをすると、1〜2カ月後に印鑑証明書に記載された住所に、「還付通知書」が届きます。
それと印鑑、身分証明書を持参して、金融機関で還付金を受け取りましょう。
もし、口座への振り込みを希望する場合は、自動車税事務所に行って、申請をしなければなりません。
廃車手続きをした後で、引っ越しの予定がある時には、指定口座に振り込んでもらえるように、手続きしておくことをおすすめします。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン