架空請求に騙されない対策

利用した覚えのない請求がきた!どのような流れで請求される?

 

架空請求とは身に覚えのない請求内容のメールやハガキが突然届いてお金を騙しとられる詐欺のことです。
郵便や電子メールなどで身に覚えのないアダルトサイトの請求書などがきて、延滞料金をだまし取ったり、裁判になるなど、存在しない法令や公的機関を使い、あたかも本当のことのように偽り、相手を不安にさせ、脅しをかけ入金させるという手口です。

 

中にはサイト以外にクレジットカードの未払い請求や運営会社に電話をしてくださいなどのメールが届くこともあります。

 

どこに相談すればいい?架空請求がきたときの対処法

 

もし架空請求と思われるメール、身に覚えのないメールなどが来た場合はその指示に従わないでください。お金を振り込んでくださいとかいてあってもすぐには振り込まないように!
また、確認のために指示された電話番号に電話をしたり、メールを返信したりすることもいけません。
自分の連絡先がバレれば何度も請求されることもあり個人情報も悪用されます。
とにかく無視が一番です。

 

裁判所からの手紙なら改めて自分で連絡先を確認してから連絡を取るようにしましょう。
架空請求と思われる通知が来たら、弁護士や司法書士などに相談してください。

 

他には消費生活センターや都道府県警察サイバー犯罪相談窓口、最寄りの警察にも相談できます。

 

万が一お金を振り込んでしまった場合も警察に相談してください。

 

無視してはいけない架空請求もある!対処法については必ず相談を

今までは警察も消費生活センターなどは、一切無視をするようにと呼び掛けてきましたが、無視をしてはいけない架空請求がでてきました。

 

それは、請求書の内容に裁判所からの「呼出状」と書いてある場合で、呼出状と書かれていれば、すぐに弁護士や司法書士、消費生活センターに相談して対応しないと給料や財産の差し押さえになってしまう可能性があります。
法律を逆手にとった悪質な詐欺でこれを無視していると裁判にかけられたとき相手の言い分が通ってしまい大変なことになります。

 

このようなものが届いたら必ず、弁護士や消費者センター、警察に相談して身を守らなければなりません。

 

悪徳業者に引っ掛からないための闇金・金融犯罪への知識も必要

 

もしも闇金融に手を出してしまったら・・・


>>借金問題解決無料相談Q&Aへ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン