確定拠出年金の個人型と企業型の違いって?

確定拠出年金って何?どんなメリットがあるの?

 

確定拠出年金とは、2001年に施行された確定拠出年金法に基づいて設けられた、私的年金制度のことをいいます。
拠出された掛け金が個人別に明確に分離され、その掛け金と運用収益の合計額に基づいて、給付額が決定されます。
確定拠出年金に加入数と、自分が支払った掛け金は、自分専用の口座に積み立てられます。
それを自己責任で運用し、将来リタイヤした時に、口座にあるお金が自分に給付されるというしくみになっているのです。
確定拠出年金を利用すると、税制メリットが得られます。
具体的には、拠出した掛け金が非課税になること、運用によって生じた利益も非課税になること、年金や一時金の受け取りの時も税法上の優遇が受けられることです。
また、確定拠出年金はインターネットを利用することで、退職金や企業年金の見込み額を、自分で確認することができます。
そして、企業倒産や金融機関の破たんが起こっても、確定拠出年金は手厚く保護されているので、給付の引き下げが行われていることはありません。
最後は、運用方法を自分で選択できることです。

 

確定拠出年金の個人型と企業型はどう違うの?

 

確定拠出年金には、「個人型」と「企業型」があります。
確定拠出年金の個人型とは、個人が任意に加入して、自ら掛け金を支払うものです。
一方の企業型は、企業が確定拠出年金を導入し、社員のために掛け金を拠出したり、企業と社員の双方で掛け金を支払うものです。
企業型の確定拠出年金は、企業が導入を決めない限り加入できませんが、個人型は条件を満たせば加入することが可能です。
2016年時点での加入条件は、個人型の場合、20歳以上60歳未満の個人事業主やその配偶者であること、あるいは60歳未満の会社員で企業型確定拠出年金や企業年金に加入していないことでした。
企業型の加入対象は、確定拠出年金制度を導入している企業の社員に限られていました。

 

2017年から加入条件が緩和されるので、節税対策に活用しよう

 

ですが確定拠出年金制度への加入条件が、2017年から改定されることになったのです。
改定後は公務員や専業主婦、パートタイマー、勤務先が企業型確定拠出年金を導入していない社員も、加入できるようになります。
ですが、確定拠出年金にはデメリットもありあす。
まず、確定拠出年金は老後の所得保障のための制度なので、原則60歳までもらうことができません。
そして、運用は自己責任であることです。運用に失敗した時には、もらえないこともあります。
そうしたメリットとデメリットを理解した上で、加入を検討しましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン