住宅ローン借り換え時の注意点

このような場合は借り換えたがお得!住宅の借り換えを考えたほうがいい条件とは?

 

住宅ローンの借り換えとは、条件の有利な住宅ローンを新たに借りて現在の返済中の住宅ローンを一括返済するという事です。

 

現在の住宅ローンの金利は非常に低い状態にありますが、安倍政権に代わり今後の金利が上昇する可能性が非常に高いと予測されています。

 

住宅ローンの借り換えのメリットは大きな節約、つまり総支払い利息を減す事ができるということです。
では、借り換えをした方がいい条件とは

  • 住宅ローンの残高が1000万円以上ある。
  • 返済期間の残りが10年以上ある。
  • 借り換え前と後の金利差が0、5%〜1%以上。

などの条件に当てはまる方が借り換えを検討するのに向いているでしょう。

 

しかし上記の条件は一応目安になっているだけで条件に当てはまらない方でも諦めずに借り換えを考えてみてください。

 

 

借り換えするタイミングも大事!住宅ローン借り換えで失敗しないためのコツとは?

 

借り換えのタイミングも重要で、タイミングを逃さないためのポイントを知っておきましょう。

  • 借り入れ時期より同じ金利のタイプが0、3%以上金利が下がった時。
  • 変動金利を利用していて金利の上昇が見込まれる場合。
  • 固定金利の優遇期間が終了してしまうとき。
  • 会社を辞めて転職や独立を考えている時は、転職する前に検討を。
  • 収入が減ったり、支出が増えるなど毎月の負担が増え、返済が苦しくなったとき。

などが借り換えを検討する目安になります。

 

借り換えを検討するときはまずシュミレーションで効果を確認してから借り換えを考えましょう。

 

 

借り換えのときに問題になる変動金利と固定金利。経済の動向を見極めてしっかり選ぼう!

 

住宅ローンの借り換えはメリットばかりではありません。

 

固定金利から変動金利への借り換えをしてもメリットはありますが、変動金利へ借り換えたとしても10年後金利が上昇していたら固定金利のままの方がよかったという場合もあります。

 

その他に

  • 住宅ローンの借り換え時に諸費用がかかる。
  • 目先のメリットのために借り換えをすると金利が上がったときに返済額が増えるなど大きなリスクがある場合もある。

などのデメリットもあることを知った上で住宅ローンを借り換えを検討した方がいいでしょう。

 

住宅ローンの借り換えには、常に金利の動向を確認しながら自分に合ったローンを組むようにしましょう。

 

住宅ローンについて詳しくはこちら

 

 トップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン