カードローンの実質年率と金利は何が違うの?利息の計算方法についても解説!

 

この記事ではカードローン初心者がよくつまずきがちな「金利」と「実質年率」の違いについて解説しています。

 

結論から先に言ってしまうと、カードローンでは金利と実質年率の違いを気にする必要はありません!
カードローンにおいては金利=実質年率なのです。

 

ただしカードローン以外のローン商品では金利と実質年率がイコールではない場合もあります。
現在はカードローンしか利用しないという人でも、将来的に他のローン商品を利用するかもしれないので、この記事で金利と実質年率の違いについて把握しておいて損は無いですよ!

 

人気のカードローンはどこ?気になる方はコチラ♪

 

実質年率と金利に違いがあるの?

 

お金を借りるローン商品には必ず「金利」が設定されています。
金利にあまり詳しくない人でも、金利が高い=返済負担が大きいといった漠然としたイメージをお持ちでしょう。

 

ところでカードローンや住宅ローンなどの公式サイトやパンフレットをよく読むと、金利ではなく「実質年率」と書かれていることもありますよね。
つまりローン商品において金利と実質年率とは、厳密に言えば別の概念なのです。

 

そもそも金利とは?

 

金利とは借りている金額の何%を利息として金融機関に支払わなければならないのかを示す値のことです。
※金利には年利と月利がありますが、ここではローン商品で一般的に使われている年利に限定して解説します。

 

金利が10%で100万円を1年間借りると、以下の計算式で利息は決まります。

 

100万円 × 10% = 10万円
※10%=0.1として計算する

 

1年間お金を借りたら、10万円を金融機関に利息として支払うことになるのです。
カードローンでは借りたお金(元本)と利息以外にカードローン業者へ支払うものはないため、金利=実質年率というシンプルな構図が成り立ちます。
ただし他のローン商品では利息以外に支払うべきものがあるため、金利=実質年率が成り立たないのです。

 

      

  • カードローンの場合 「金利 = 実質年率」

  • 住宅ローンなど一部のローンの場合  「金利 ≒ 実質年率」

 

実質年率とは?

 

ローンの中には金利以外に手数料を支払わなければいけないものがある

 

もし金融機関に支払わなければいけないのが利息だけであれば「実質年率」という概念は必要ありません。
しかしローン商品の中には利息以外にも「手数料」「保証料」などの名目で、別の費用を支払わなければいけないものもあります。

 

先ほど金利を説明するときに使った例で、手数料や保証料が絡むと金融商品が複雑になってしまうことを体感してみましょう。

 

・100万円を借りた場合のシミュレーション

 

金利 手数料 年間の利息 年間の手数料 合計年間支払額
ローンA 10% 無し 10万円 0円 10万円
ローンB 10% 毎月1万円 10万円 12万円 22万円

 

10%で100万円を1年間借りると、以下の計算式で利息は求めることが出来ます。

 

100万円 × 10% = 10万円 …ローンAとBの年間の利息

金利が同じ10%なので、年間の利息は同じ10万円となっています。

 

異なるのは手数料です。
ローンAは手数料がかかりませんがローンBは毎月1万円の手数料がかかるため、年間の手数料は12ヶ月分で12万円となります。

 

表の一番右を見てください。
この金額が1年間100万円を借りた場合に、金融機関に支払わなければいけない利息や手数料の合計です。
ローンAとBは、金利10%で100万円を借りているという同じ条件にもかかわらず、手数料の有無でこれだけ実質的な支払いに差が出てしまっています。

つまり金利だけでは、そのローンの本当の返済負担を表すことができない場合もあるのです。

 

この仕組みを悪用すれば、金利を低く設定して返済負担が低いように見せかけ、その裏で手数料を高くして実質的な返済負担は高くするといったことも可能です。

 

これではローン利用者の不利益になってしまいますし、ローン同士の実質的な返済負担を比較するのが難しくなってしまいます。

 

そこで実質年率という概念が登場します。

 

実質年率は利息や手数料などをすべてひっくるめて計算される

 

実質年率とは、借りている金額に対する利息だけでなく、それ以外にかかる手数料や保証料などの諸経費をすべて合計した「実質的な支払い負担」を数値化したものです。

 

先ほどのローンAとBの比較表にもう一度登場いただいて、一番右に「実質年率」を付け加えてみました。

 

金利 手数料 年間の利息 年間の手数料 合計年間支払額 実質年率
ローンA 10% 無し 10万円 0円 10万円 10%
ローンB 10% 毎月1万円 10万円 12万円 22万円 22%

 

100万円を借りて、年間支払い額が10万円のローンAの実質年率は金利と同じく10%のまま代わりません。
しかしローンBは年間の支払い額が手数料によって上乗せされるため、実質年率は22%となっています。

 

金利は同じ10%でも、実質年率にはこれだけの差がついてしまっています。
どちらのローンの方が借り手にとっては魅力的なのか、実質年率で比較すれば一目瞭然でしょう。

 

なお22%という実質年率は現在の日本の法律では違法です。
利息制限法により10万円未満20%、10万円以上100万円未満は18%、100万円を超える場合は15%が上限金利となっています。

 

単純に表面的な金利だけでは、ローンBの実質的な返済負担は見抜けないばかりか、法律の上限金利を満たしていない違法な金融商品であることすらも見抜けないのです。

 

実質年率の重要性がおわかりいただけたでしょうか。
ローン商品を比較・検討する場合は必ず実質年率を見るようにしましょう

 

金利と実質年率をカードローンと住宅ローンで比較!

 

住宅ローンでは実質年率と金利が大きく異なる

 

個人が利用するローンの中で、最も金額や返済期間の規模が大きいのは「住宅ローン」でしょう。
この住宅ローンは金利と実質年率が大きく異なるため注意が必要です。
カードローンのように金利だけで住宅ローン商品を比較してしまうと、思った以上に支払い負担が増えてしまい痛い目にあうかもしれません。

 

住宅ローンでは金利(利息)以外に、必ず「保証料」がかかります。
保証料とは、住宅ローンの借り手が返済できなくなったときに弁済(肩代わりのようなもの)してくれる機関への支払い手数料です。
この保証料が金利以外にもかかるため、住宅ローンでは実質年率が大きな意味を持つのです。

 

住宅ローンの支払い負担 = 金利(利息) + 保証料

 

カードローンでは「金利=実質年率」が当たり前!

 

手数料・保証料がかからないカードローンでは、住宅ローンのようにわざわざ実質年率で比較するまでもありません。
金利(利息)以外に支払いが必要な手数料・保証料はなく、どのカードローンでも以下の図式が成り立ちます。

 

  • カードローンの場合
   「金利 = 実質年率」

 

カードローンでは実質年率と金利の違いを気にする必要は無し!

 

以上、カードローンにおける金利と実質年率について解説してきました。
簡単におさらいしておきましょう。

  • 金利と実質年率は厳密に言えば違う
  • 実質年率 = 金利(利息) + 手数料や保証料など
  • カードローンでは実質年率と金利は同じだと考えていい ← 特に重要
  • 手数料や保証料がかかる住宅ローンなど一部のローンでは実質年率が大事

カードローンの公式サイトで大きく書かれている「15%」といった数値が、金利なのか実質年率なのかは深く考える必要はありません。
実質的に同じものだからです。

 

ただし実質年率と金利が厳密には違うということを理解しておくことは、決して無駄ではありません。
金利からどのように利息を計算するかといった、ローン全般の基礎的な知識を得ることにもつながるからです。
普段何気なく利用しているカードローンの仕組みについて、もう一度詳しく見つめ直すきっかけにもなるでしょう!

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン

カードローンの実質年率と金利は何が違うの?利息の計算方法についても徹底解説!

この記事ではカードローン初心者がよくつまずきがちな「金利」と「実質年率」の違いについて解説しています。結論から先に言ってしまうと、カードローンでは金利と実質年率の違いを気にする必要はありません!カードローンにおいては金利=実質年率なのです。ただしカードローン以外のローン商品では金利と実質年率がイコー...

» 続きを読む

キャッシングの無利息サービスはどれがお得?徹底比較します!

「初めての人は〇〇日間利息ゼロ円!」「最大〇〇日間金利0円!」という文句をキャッシングのCMや広告でよく見かけます。この無利息サービス、どの業者でキャッシングをしても内容は変わらないのでしょうか?今回は、無利息サービスがあるキャッシング商品それぞれにどのような違いがあるか比較していきます。無利息サー...

» 続きを読む