育児休業中に取れる育児休業給付金の受取方と支給期間について

育児休業給付金って何?誰が対象になるの?

 

育児休業給付金とは、育児休業中に支給される手当のことです。
仕事をしているママあるいはパパは、赤ちゃんが1歳になる誕生日の前日までの1年間、育児休暇を取得できます。
ですが、育児休業中は会社から給料が支払われることはありません。
その期間の生活をサポートすることを目的に、雇用保険から育児休業給付金が支給されるのです。
育児休暇がママとパパ両方がとることができ、育児休業給付金の申請をする前の2年間で、1カ月11日以上働いた月が、12カ月以上あることが条件です。
そのほかにも、雇用保険に加入していること、育児休業中に勤務先から給料の8割以上の支払いを受けていないこと、休業している日数が毎月20日以上あること、健康保険に1年以上加入していることです。

 

育児休業給付金の手続きとは?どれくらいの期間、支給されるの?

 

育児休業給付金の申請は、会社が行うことになります。
そのため、産前産後休暇に入る前に、育児休業給付受給資格確認票や、育児休業基本給付金支給申請書などの用紙は、あらかじめもらっておくことをおすすめします。
会社は、育児休業給付を開始した日から、2か月ごとに申請することになります。
提出期限があるので、十分な注意が必要です。
会社に母子手帳のコピーと、育児休業給付金の振込口座として使う、本人名義の通帳のコピーを会社に提出します。
本来は、赤ちゃんの1歳の誕生日の前日までの1年なのですが、配偶者の病気や死亡、保育所の入所待ちなど、認められる理由があった場合には、育児休業給付金の受給期間を、最長1年6カ月まで延長できます。

 

育児休業給付金には支給上限があるので、年収の高い人は事前に確認しておこう

 

育児休業給付金の支給額ですが、育児休業開始から180日目までは月給の67%、181日目から最終日までは月額の50%が支給されます。
ただし、育児休業中でも給与が支払われる場合は、育児休業給付金と合わせて、給与月額の8割を超えないよう、調整されることになります。
また、育児休業給付金には上限額も設定されています。
月給の67%が支給される期間の上限額は28万5621円、月給の50%が支給される場合の上限額は21万3150円となっています。
つまり、給料が高い人の場合は、育児休業給付金の支給額が、月収の50%を下回ることもあるということです。
心配なときは、事前に確認しておきましょう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン