法人が銀行からお金を借りるときにお世話になる信用保証協会とは?

信用保証協会って何?法人は必ず関わるの?

 

企業が銀行から融資を受ける際、信用保証協会への申し込みが紐づていることが多いです。
信用保証協会とは、中小企業・小規模事業者の金融円滑化を目的に設立された、公的機関のことをいいます。
中小企業・小規模事業者が金融機関から事業資金を調達しようと考える時に、信用保証協会が「信用保証」をすることで、資金調達をサポートしているのです。これを、「信用保証制度」といい、法人の多くが活用しています。

 

どんなしくみで運用されているの?

 

信用保証制度は、中小企業・小規模事業者と金融機関、信用保証協会の三者によって成り立っています。
まず、中小企業・小規模事業者は、信用保証協会または金融機関で保証の申し込みを行います。
その後、信用保証協会が事業内容や経営計画等を検討した上で諾否を決定し、金融機関に連絡。承諾された場合は、金融機関が融資を実行します。
その後は、中小企業・小規模事業者が返済条件に基づいて返済を行いますが、万が一返済不能な状態に陥った時には、信用保証協会が代位弁済し、その後、債権が信用保証協会に移ります。
その後、中小企業・小規模事業者は信用保証協会に返済をすることになります。

 

信用保証協会には様々な保証制度が用意されているって本当?

 

信用保証協会は、中小企業・小規模事業者のニーズに合わせて、多様な保証制度を設けています。
具体的には「流動資産担保融資保証制度(ABL保証)」や「小口零細企業保証制度」「経営力強化保証制度」「借換保証制度」「特定社債保証制度」などです。
この他にも、「東日本大震災に関連する保証制度」「経営に支障が生じている中小企業・小規模事業者の方向けの保証制度」などがあるので、事業資金の調達に苦慮しているなら、一度信用保証協会に相談に行くことをおすすめします。

 

ビジネスパートナーなら無担保、即日審査!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン