カードローンを利用する時に保証人は必要なの?

カードローンの利用を検討している人の中には、保証人について悩んでいるかもしれません。

 

というのも、保証人がなければお金を借りることはできない、と思っている人が多いためです。

 

たとえば、日本学生支援機構の奨学金では、保証人と連帯保証人が必須ですから、そういったローンを利用していた人ほど勘違いしやすいでしょう。

 

このページでは、消費者金融銀行のカードローンで保証人の必要の有無について紹介していきます。

 

また、保証人が不要であれば返済不能になったとき、金融機関はどのようにして回収しているのかなど、多方面から解説していきます。

 

おまとめローンだって保証人要らず!?

 

キャッシングに保証人は必要?保証人なしで借りられるの?

消費者金融や銀行のカードローンは、基本的に保証人が必要になることはありません。
したがって、保証人なしでお金を借りることはできます。

 

ただ、あくまで個人融資のカードローンに不要というだけで、他の種類のローンでは必要になることがあります。

 

たとえば、銀行の多目的ローンは、保証人を用意することを融資条件にしているところが多いです。

 

また、保証人まで用意する必要はなくても、未成年のキャッシング専業主婦が配偶者貸付を利用する場合には、親権者や配偶者の同意書が必要になることはあります。

 

ただ、いずれにせよカードローンでは保証人が必要ないため、頼れる相手がいない人でも悩むことはありません。

 

保証人なしで貸すキャッシング業者は危険?保証人なしで貸せる理由はここにある!

お金を借りるときは、保証人・担保が当たり前だと考えている人は、保証人なしで貸すキャッシング業者は危険だと思うかもしれません。

 

近年は闇金業者があの手この手で迫ってきていますが、保証人なしで貸すキャッシング業者とは無関係です。

 

保証人なしで貸す有名所のキャッシング業者を以下に紹介しておきましょう。

大手消費者金融 大手銀行
アコム 三井住友銀行カードローン
アイフル みずほ銀行カードローン
プロミス 楽天銀行スーパーローン
SMBCモビット イオン銀行カードローン

上記の表に挙げた会社名は、あくまで一例です。

 

前項で解説しましたとおり、カードローンは基本的に保証人が必要ありません。

 

したがって、保証人なしで貸すからといって危ない業者と判断することは間違っています。

 

とはいえ、保証人なしでお金を貸した場合、債務者が返済不能になったときはどうなるのだろう、と疑問を覚えた人もいるでしょう。

 

キャッシング業者は、慈善事業ではないので、貸し倒れリスクは極力減らしたいはずです。

 

結論として、保証人なしで貸せる理由は、保証会社の存在があります(※消費者金融は保証会社が自社です)。

 

保証人の代わりに保証会社が債務者の保証をしています。

 

もちろん、保証会社は債務者が返済不能になったときに代わりに返済する義務があります。

 

キャッシング業者は、保証会社が債務者に代わって返済してくれますので、貸し倒れリスクはありません。

 

しかし、これでは保証会社にメリットはないように思えますが、どうなのでしょうか。

 

キャッシングの保証会社の役割は?保証会社が代位弁済したあとどうなる?

保証会社の役割は、「審査」と「債権の保証」の二種類です。

 

銀行系カードローンの保証会社は消費者金融の場合が多いです。審査を徹底するためです。

 

銀行は融資に長けたプロですが、一般的に保証人や担保ありきでお金を貸していた歴史があり、無担保カードローンのノウハウは持ち合わせていませんでした。

 

一方、消費者金融は元より無担保融資を行ってきた歴史がありますので、得意分野です。

 

さらに、カードローンは個人信用情報機関(CIC/JICC/全銀協)(※個人信用情報機関は、個人の信用情報を取り扱っており、審査申込情報・借入情報・返済情報・延滞滞納情報・債務整理情報など様々)を活用しますが、銀行は貸金業者ではないため、全銀協以外の個人信用情報機関は加盟できません。

 

 

しかし、保証会社に消費者金融を立てれば、他の個人信用情報機関の情報を知ることができますので、より優れた審査を行うことができます。

 

また、保証会社は数パーセントの保証料を得ていますので、相互扶助の関係にあります。

 

保証会社が代位弁済しても返済義務は残る!

一定期間返済を滞納したときは、保証会社が債務者の借金を全額返済してくれます。

 

これで終われば世の中の人は誰も返済をしなくなりますが、債務者の借金はキャッシング業者から保証会社に移っただけで、返済義務がなくなったわけではありません。

 

保証会社は全額返済後、債務者に代位弁済通知書を送ります。

 

大半は一括返済を求められますが、話し合いで分割返済にすることも可能です。

 

ただし、分割返済にした場合は遅延損害金が発生することもあります。

 

また、最悪のケースでは、自己破産を検討しなければならないようになるでしょう。

 

そして、個人信用情報機関にキズが残りますので、いわゆるブラックの人になります。

 

ブラックになってしまった人は、個人信用情報機関から情報が消えるまでローンを組むことはできません。

 

事故情報は最長5年間で削除されますが、滞納したキャッシング業者や保証会社の自社顧客リストの中ではブラックに登録しているため、まず借りることはできないです。

 

保証人と連帯保証人の違いはここ!保証人になる人は覚悟が必要!?

カードローンは、基本的に保証人が不要ですが、ここでは保証人と連帯保証人の違いについて解説していきます。

 

保証人も連帯保証人も債務者が返済できなくなったときに代わりに返済義務を負う点は同じです。

 

しかし、保証人と連帯保証人は責任の重さに違いがあります。

 

以下の表に保証人と連帯保証人の責任の違いをカンタンに示してみました。

保証人 連帯保証人
催告の抗弁あり 催告の抗弁なし
検索の抗弁あり 検索の抗弁なし
全額返済不要の場合あり 全額返済必要の場合あり

催告の抗弁とは、債権者が保証人に対していきなり返済を迫ってきた場合、まずは債務者に返済を請求する旨を訴えることができる権利です。

 

保証人は催告の抗弁を使えますが、連帯保証人は催告の抗弁を使えないため、債務者に返済を請求する前に返済を迫られても反論できません。

 

検索の抗弁とは、債務者に返済能力があるのに返済しない場合、債務者に返済能力があることを理由に、まずは債権者が債務者に対して強制執行する旨を訴えることができる権利です。

 

保証人は検索の抗弁を使えますが、連帯保証人は検索の抗弁を使えませんので、債務者に返済能力があることを知っていても返済しなければなりません。

 

全額返済の有無とは、債務者に複数の保証人が居る場合、保証人は割った金額を返済すれば構いませんが、連帯保証人は全額返済する義務があります。

 

特に連帯保証人は、債務者並みの責任が生じてしまいますので、よく考えてからにしましょう。

 

キャッシングに保証人は基本的に不要!ただし保証会社に保証されることが条件!

カードローンの利用では、保証人は基本的に不要です。

 

しかし、カードローンは代わりに保証会社に保証されなければなりません。

 

審査に申し込みした時点でキャッシング業者が保証会社に保証できる人か確認していますので、特にこちらからアクションを行う必要はないです。

 

また、保証人の必要なローンを利用したり、自身が保証人になったりするときは、よく考えたうえで決断するようにしましょう。

 

容易な気持ちで保証人になってしまうと、後々後悔してしまう可能性が高いです。

 

それでは、最後にこのページで説明した大事なポイントを紹介しておきましょう。

  • カードローンは保証人不要
  • 保証人なしのカードローンでも安全
  • 保証人の代わりに保証会社がある場合あり
  • 債務不履行になったときは保証会社が代位弁済してくれる
  • 代位弁済したあとは保証会社に返済を請求され、借金は消えない
  • 保証人より連帯保証人のほうが責任は重い

このようなことを頭に入れながらローンの審査に臨むことが大事ですね。

 

個人向け融資のカードローンならば基本的には無担保・無保証人で借りることができます。

 

 

カードローン審査関連記事

突然カードが利用停止に!原因は途上与信?その内容と頻度、対策について徹底解説!

「突然普段使っているカードが使えなくなった」「気付いたら利用限度額が減ってる」「解約されているんだけど、どうしたらいいのか分からない」こうした状況になると、とても慌ててしまいますよね。原因はいくつか考えられますが、途上与信で問題があった可能性があります。この途上与信という言葉、あまり聞きなれない方も...

» 続きを読む

カードローンの審査でよく聞く「信用情報」ってそもそも何?審査にどんな影響があるの...

「前提として、クレジットカード・カードローンはなぜ成り立っているのか・・・」個人の人間同士がものを貸し借りするうえで、非常に大切なのが「信用」です。貸す人が借りる人に対して、今まで培ってきた関係の中で信頼に足る人物だと判断したからこそ、そこに「信用」が生まれ、貸し借りが成立することは皆さまもご存知の...

» 続きを読む

カードローン審査で重視される属性とは?どんな属性が通りやすい?

「属性とは、何のことを指しているの?」カードローン審査を申し込む上で重視されるのは信用情報ですが、実は次に大事なのが属性と言われるものです。そもそも、属性って何のこと?と思う方もいると思います。簡単に説明しますね。属性とは、年齢、職業、年収、勤続年数、他社借入などの申込情報に基づき申込者をグルーピン...

» 続きを読む

【ブラックリストかも?】カードローンの審査に通らないあなたは信用情報を確認しよう...

消費者金融などのカードローン審査に落ち続けてしまった人は、その「原因」について考えたことがあるでしょうか?審査に通らなかったのは、決して運が悪かったからではありません。たまたま落ちたわけではなく、はっきりとした原因があるのです。年収が低すぎたり、他社の借入額が多すぎたりと様々な原因が考えられますが、...

» 続きを読む

アコムとプロミス、審査通過率が高いのはどっち? 大手消費者金融2社を徹底比較!

目次アコムとプロミス、審査通過率が高いのはどっち?アコム、プロミス、キャッシング20項目徹底比較!!個人融資サ-ビスに大きく響く!? 大手消費者金融2社の会社概要や企業気質とは?終わりに〜結局、アコムとプロミスどちらで融資を受けるべきなの?〜アコムとプロミス、審査通過率が高いのはどっち?アコムとプロ...

» 続きを読む

公務員はカードローンの借り入れがしやすいって本当? 審査に落ちるとしたらどんな場...

公務員がカードローンの審査に通りやすい理由都道府県庁の職員、市区町村の職員、警察官、消防士、教員、裁判所事務官、自衛官、国税専門員、労働基準監督官、防衛庁職員など、公務員に分類される職種は様々です。国家公務員あるいは地方公務員は、安定収入があり、給料もよいことから、カードローンだけでなく、クレジット...

» 続きを読む

カードローンの審査に通りやすい時期はあるのか?

審査に通りにくい時期はいつ? 利用者が増える時期は要注意!審査に通るにはカードローン会社の審査基準を満たしていなければ通らないのは当たり前ですが、その他に利用者が殺到している時期に申し込むのは審査に通りにくいと言われているので要注意です。その理由がカードローン会社が忙しいときに申し込み者の審査基準に...

» 続きを読む

キャッシングやカードローンの審査と職業の関連性

この職業だと審査に通りやすい!キャッシングの審査に有利な職業とは?キャッシングやカードローンの審査には有利になる職業、不利になる職業があります。有利な職業の特徴はやはり、安定した収入があり確実な返済が見込める職業となります。そういった観点から一番有利な職業としてあげられるのが安定の代名詞ともいえる公...

» 続きを読む

保証人不要のカードローンはどこ?そもそも保証人って必要なの?

カードローンの利用を検討している人の中には、保証人について悩んでいるかもしれません。というのも、保証人がなければお金を借りることはできない、と思っている人が多いためです。たとえば、日本学生支援機構の奨学金では、保証人と連帯保証人が必須ですから、そういったローンを利用していた人ほど勘違いしやすいでしょ...

» 続きを読む

住宅購入時にキャッシング利用歴があると不利になる?

キャッシングの利用がある場合、住宅購入のローンを組むときに審査が通らないのではないかと心配される方がいますが、キャッシングの利用履歴だけで住宅ローンが通らないということはありません。もちろん住宅ローンの審査の場合、信用情報機関で経歴を調べて審査を厳しく行いますので、5年ほどのクレジットカードやキャッ...

» 続きを読む

カードローンの審査に影響大!信用情報機関の基礎知識

カードローンの審査に影響大!信用情報機関ってどんなもの?クレジットカード会社やカードローン業者は、申し込みのあった消費者を審査するために、個人信用情報機関に登録された情報を確認しています。個人信用情報機関とは、金融機関が申し込みをした消費者の信用情報を、管理・提供する機関をいいます。新たなクレジット...

» 続きを読む

知っておきたい滞納の恐ろしさ! キャッシングの審査に影響する滞納とは?

滞納は信用情報に記載される!それによって考えられる影響とは?滞納はあなたの個人の信用に直接影響してきます。滞納を続けるとCICをはじめとした信用情報機関に記載されてしまいます。3回滞納があればCICに「異動」と書かれ、事実上のブラックリストに載ったという事になります。一番大きな影響として、クレジット...

» 続きを読む

しばらく滞納していた借金を完済したのにカードローンの審査に通らない理由とは?

滞納していた借金を完済したら、カードローンの審査は通る?過去に収入減などにより借金を滞納したものの、その後にきちんと完済した人が、新たにカードローンの申し込みをした時に、審査が通らないという話をよく見聞きします。これは、過去の借入状況や返済状況が個人信用情報機関に残っており、その履歴が新たな貸し出し...

» 続きを読む

銀行員が暴露!銀行カードローン審査の実態

実は審査がゆるゆる!お堅いイメージの銀行カードローンの審査なぜゆるい?貸金業改正で消費者金融の総量規制が利用者の年収の3分の1を越える貸付が禁止されたのですが、適用されるのがキャッシングとサラ金からの借入とされたため銀行のカードローンには適用されないのです。そのため消費者金融から融資を断られた人が銀...

» 続きを読む

銀行カードローンの審査でよく聞く「保証会社」とは?役割とメリット、デメリット

銀行カードローンで融資を受ける際、詳細の「ご利用いただける方」の項目に「当行が指定する保証会社の保証を受けることができる方」という一文があるのは、ご存知ですか?この「保証会社」とはいったい何か?という疑問についてお答えします。銀行のカードローンにおける「保証会社」とは、・利用者が借り入れ可能かどうか...

» 続きを読む

審査なしのカードローン探してる?審査に通らないあなたに伝えたいこと

審査なしのカードローンを希望する人は、おそらく何らかの理由で審査に自信がないということでしょう。どうせ自分は審査に通らない…と最初から決めつけずに、解決策を探ってみましょう。「審査なしのカードローンじゃないと、自分は審査に通らない」と考えがちな人に、それぞれ解決策をご紹介します!生活保護受給中など、...

» 続きを読む

申し込みブラックになってしまった…これって本当に審査に通らないの?

「申し込みブラックとはいったい何のこと?」という人のために説明します。申し込みブラックとは、複数の金融会社に対して、短い期間での申し込みを行うことで、一時的に審査に通りにくい状態。その状態になってしまったことを、申し込みブラック状態といいます。引っかかってしまう申込期間や申込件数について、金融機関や...

» 続きを読む