賃貸保証会社の支払いを滞納すると信用情報に傷が付く?

賃貸保証会社って何?どんな仕組みになっているの?

 

かつては賃貸住宅を借りる時は、保証人をつけなければなりませんでした。
ですが現代は、賃貸保証会社がその役割を果たすことが増えています。
家賃保証会社とは、賃貸住宅の賃貸借契約に求められる親族等の連帯保証人に代わって、手数料を支払うことで、第三者が連帯保証人となるサービスを提供する会社のことをいいます。
そのため賃貸保証会社は、賃貸住宅の家賃が滞った場合、借主に代わって貸主への立替払いをする、「代理弁済」を行うという仕組みになっているのです。

 

賃貸保証会社への支払いを滞納するとどうなるの?

 

賃貸保証会社の台頭は、不動産物件の貸主にとっては、家賃滞納のリスクを軽減できるメリットがあり、大いに歓迎すべき仕組みです。
従来、部屋の借主が家賃を滞納すると、貸主が本人や連帯保証人に督促しなければなりませんが、賃貸保証会社が代理弁済をすることで、それを任せることができるからです。
そして、代理弁済してもらった借主は、賃貸保証会社から取り立てを受けることになります。
そして、賃貸保証会社への支払いを滞納すると、契約時に特定した期間の家賃を滞納すると、強制退去を命じられることです。
現在の日本には、賃貸保証会社を取り締まる法律や監督官庁がないので、家賃の取り立てなどが悪質で、行き過ぎた督促が多いこと、延滞金が高額なことも、問題視されています。

 

賃貸保証会社の支払いが遅れても、個人信用情報機関に履歴が残るの?

 

賃貸住宅に住んでいる人も、クレジットカードやカードローンの申し込みをすることがあるでしょう。
では、賃貸保証会社に依頼した賃貸物件の家賃を滞納した場合、個人信用情報機関に履歴は残るのでしょうか。
賃貸住宅の契約は各種カードの審査とは関わりがないので、家賃を延滞したからといって、個人信用情報機関にその履歴が残ることはありません。
ですが、アプラスやオリコ、ジャックスなど信販系の会社が賃貸保証代行会社となっている場合は、個人信用情報機関への照会が行われます。
家賃がクレジットカードから引き落としになることはないですが、信販系の賃貸保証会社の社内データには蓄積されるので、同じ信販会社のクレジットカードやキャッシングを申し込んでも、審査に通ることはないでしょう。
そして、家賃を滞納したことでクレジットカードやキャッシングには影響がなくても、新たな部屋を借りにくくなることは覚悟する必要があります。
賃貸保証会社を利用する時には、その会社自体をきちんと調べ、リスクを理解した上で申し込むことをおすすめします。

 

信用情報に傷が付く前のおまとめローンが大事

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン