住宅ローン変動金利のリスク

未払い利息とは?どのようなときに発生するか解説

 

未払い利息とは、変動金利型ローンで金利が上昇した時、返済額を上回って未払いとなる利息の事です。
変動金利ローンでは金利が半年ごとに見直されますが、住宅ローンは毎月の返済額の見直しは5年ごととなっています。
これを5年ルールといいます。
また返済金額の増加は元の返済額の1.25倍までという制限もあり、金利が上がったからと多額な返済額を請求されることはありません。
これを1.25倍ルールといいます。
しかし、金利上昇が激しいと本来支払われる利息が返済額を上回る事態が想定されます。

 

5年ルールにより5年間の間は返済額は変わりませんが、この5年間の間に極端に金利がドーンと上がってしまうと未払い利息が発生してしまいます。

 

もし未払い利息が発生したら?対処法を紹介

 

5年ごとに返済額が計算されるのですが、どんどん金利が上がっていく状態が続くと、未払い利息の額も増えてきます。
その場合、返済額は元の返済額の1.25倍と決まっているためそれ以上は上がりませんが、1.25倍で収まらなかった金利上昇分は、最終の支払いで一括返済になってしまうのです。

 

すなわちローンをきちんと返済しているのにローンの残高が増えていくという信じられないような事態が起こってしまうのです。

 

未払い金利の支払い方としては分割で支払ったり、返済時に一括で清算することもできます。
また毎月の返済額を変えずに未払い利息を優先して支払っていく方法もできますが、元金の減りが悪くなるため、利息の負担は大きくなります。
いずれにしても借りた時の予定より総支払額が大きくなる負担は避けられません。

 

未払い利息の対応として

  • 余裕のある返済額に設定する。
  • 繰り上げ返済など、借り入れ期間を短縮させる。
  • 貯蓄体質の家計にしていく。
  • 長期固定ローンとミックスしてローンを利用する。
  • 金利の動向を常にチェックしておくこと。

などです。

 

他に対処法はいろいろあると思いますが、固定金利と変動金利は「どちらが得」というよりも「どちらが自分に合っているか」という事を重視してローンを選ぶようにしましょう。

 

 

変動金利だと返済予定額より多く払わなければならなくなることも!そのリスクを知ったうえで変動金利を選ぼう

上記でも書いたように、住宅ローンを組んだとき、金利が低いから得だと思わず、住宅ローンは返済期間が長いので先の事を考えてローンを組まなければ返済予定金額より多く支払わなければならなくなってしまうこともあります。

 

変動金利は金利が上昇することに伴って返済額も増え、将来設計が立てにくいことや、未払い利息が生じるなどのリスクがある他に変動金利のメリットでもある「5年ルール」や「1.25倍ルール」は一方でリスクを伴うことを理解しておきましょう。

 

短期間でも返済可能なローンであれば金利上昇のよるリスクは小さく済み、日頃から金利の変動をチェックすることも重要で、先さきのリスク管理ができる人には向いているでしょう。

 

変動金利の一番のリスクが未払い利息なので、これが雪だるま式に大きくなっていけば住宅ローンの破綻にも繋がってしまいます。
メリット、デメリットをよく知った上で住宅ローンを組むようにしましょう。

 

住宅ローンについて詳しくはこちら

 

 トップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン