最後の手段「自己破産」を選択する基準は?

個人の債務整理にはどんな方法があるの?

 

個人の債務整理には、「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」の4種類があります。
任意整理とは、債権者である金融機関と話し合うことで借金を整理する方法です。
特定調停は簡易裁判所で行われるもので、経済的に破産するほど債務を負っている人が、調停の場で債権者である金融機関と話し合い、利息や月々の返済額を減額するものです。
個人再生は地方裁判所に申し立て、債務の5分の1を決められた期日と方法で弁済することで、残りの債務を免除してもらうものです。将来の収入の見込みがなく、借金総額が5000万円以内であれば申し立てができますが、債権者の過半数の同意が必要です。
自己破産とは、地方裁判所から破産宣告を受け、免責の手続きをとることで、借金を免除してもらう方法です。

 

返済できないなら債務整理を検討すべき!自己破産を選択する基準は?

 

もし、借金を返済できない状況に陥っているなら、そこから逃げても、目を背けても問題は解決しません。すぐに債務整理を検討すべきです。
そして、月々の支払額や利息をカットしてもらうことで弁済が可能なら、まずは任意整理、特定調停、個人再生の道を探ってみましょう。
ですが、返済が到底不可能なほど債務が膨らんでいる、免責不許可事由が存在していないなら、自己破産を検討すべきです。
現在の収入や将来アップする可能性があるのか、処分できる資産があるのかなどを検討し、自己破産するかどうかを決めましょう。

 

自己破産のメリットとデメリットも知った上で決断を

 

自己破産のメリットは、借金を免除してもらえることです。
そして当然、デメリットもあります。
まず、価値のある財産はすべて処分することになります。20万円以下の預貯金であれば、手元に残すことができます。
そして、金融機関からの借り入れは自己破産から5~10年はできません。
また、破産した事実と住所・氏名が官報に乗ります。
さらに、免責の決定を受けるまで警備員や士業など、一定の職業に就けなくなります。
その両面も検討した上で、自己破産の申し立てをしましょう。

 

自己破産について詳しくはこちら

 

借金解決の一歩目はおまとめローンから

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン