お墓を買ったら固定資産税が掛かってくるのか。お墓に掛かる費用について

墓地を購入してお墓をたてたら、固定資産税はかかるの?

 

土地や住宅を購入すると、固定資産税がかかります。
「それなら、墓地を買っても、固定資産税がかかるの?」、そんな疑問を持つ方もいることでしょう。
確かにお墓をたてる時は、墓地から区画を購入することになります。
ですが、それは墓地から土地を購入しているのではなく、お墓の区画の所有権を買っているだけなのです。
そのため、固定資産税を払う必要はありません。
そして、自分で購入した土地にお墓をたてる場合でも、土地を登記する際に耳目を墓地にすることで、固定資産全の支払いは不要になります。
これは、法律で定められていることです。

 

墓地を購入することで、必要になる費用にはどんなものがあるの?

 

墓地を購入しても、固定資産税を払わなくてよいことはわかりました。
ですが、その他に必要になる費用があります。
墓地を購入した時点で、その区画の永大使用権を得ることはできますが、お墓をたてるには、石材の費用や工事費が発生しますし、お寺や墓地に支払う年間管理料が必要です。
また、開眼供養や納骨法要の費用も用意しておかなければなりません。
墓地の相続には税金がかかりませんが、年間管理料は一括払いが普通で、支払いが滞るとお墓を撤去されることもあります。
その場合は、お墓にはいっていたお骨は合祀されてしまいますので、注意が必要です。

 

墓地の購入は非課税なので、節税対策にも利用できる!

 

現在、タワーマンションの固定資産税に見直しがかかるなど、これまで行ってきた節税対策ができなくなる可能性が高まっています。
その点、墓地や仏壇は資産であるにも関わらず、相続税の課税対象にはなりません。
そして、親が亡くなって相続が始まってから、墓地や仏壇を購入しても、相続税の債務として控除してもらうことができません。
そう考えると、親が生前に墓地や仏壇を購入し、相続する財産をマイナスしておくと、それ自体は非課税となり、残った財産が減額になる分、支払う相続性が少なくなるという、節税効果が見込めるのです。
墓地の平均購入費用は、100〜200万円といわれています。
つまり、相続前に墓地を購入しておくことで、数十万円の相続税が節税できます。
また、少子高齢化が進む現代、墓地不足が懸念されています。
早めに墓地を確保しつつ、相続税を節税できるのは、魅力的な話です。
将来に備えて投資するのもよいですが、墓地の購入という確かな節税も、ぜひ検討してみましょう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン