マイナス金利の今、実は外貨預金がお得!外貨預金の始め方を解説

なぜ銀行は外貨預金の獲得に力を入れているのか

 

一般の銀行のみならず、ネット銀行でも、このところ個人客に対し外貨預金の案内を積極的に行っているようです。
この背景には、国内企業の資金需要が大幅に低下している現状を受け、メガバンクが積極的に海外での事業拡大やM&A、外国債の投資を推進していることがあります。
海外企業への融資を行う際には、ドルを調達する必要があるので、外貨預金の獲得に注力しているのです。

 

外貨預金のメリットとデメリットを理解して始めよう

 

外貨預金とは、ドルやユーロなど、外国の通貨建てでする預金のことをいいます。
外貨預金のメリットとしては、円での預金より金利が高めなこと、円安時期に預金すると利益幅が大きいことがあげられます。
デメリットとしては、ペイオフの対象外なので、日本の銀行で外貨預金を積み立てていたとしても、その銀行が破たんした時にはその預金を回収できません。
また、預金する時も引き出す時も、外国為替手数料がかかること、為替レートによっては円に戻す際に為替差益を被るリスクを負うことも、デメリットといえます。

 

外貨預金を始める時は、手数料やサービス内容を検討してから銀行を選ぼう!

 

外貨預金は様々な銀行で扱っていますが、同じ通貨であっても、預け先によって運尿差益に差が出たり、手数料が異なるため、銀行選びも重要なポイントです。
また、外貨預金にも普通預金と定期預金があるので、預ける金額や期間、目的によって、預け方を選ぶ必要があります。
頻繁に預金を引き出す可能性が高いなら普通預金に、預ける期間が長いことを想定するなら1年定期にして高い金利で運用することをおすすめします。
また、銀行によって外国為替手数料が異なり、ネット銀行は大手銀行と比較すると手数料が大幅に低く設定されています。
手数料が1円違うと、為替相場が変動した時に起こる元本割れの際のリスクにも違いが生まれますので、きちんと考えて選ぶことをおすすめします。
外貨預金は外資系の銀行でも始めることができるので、きちんと情報収集した上で、手数料やサービス内容を考慮して、銀行選びをしましょう。

 

 

 トップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン