株式投資やFXで作った借金は返済する義務はある?自己破産をして借金はゼロになるのか

株の信用取引やFXで借金を作ってしまった場合、支払い義務はあるの?

 

株の信用取引やFXはそもそも、証券会社に委託保証金を担保として預けることで、自分が預けている金額以上の取引ができるようになっています。
株の信用取引は委託保証金のおよそ3倍、FXなら最大で25倍までの売買が可能で、これをレバレッジ取引といいます。
儲かっている時は良いのですが、委託保証金の何倍もの取引をしている間に為替レートが下がり、大損してしまうこともあります。
そこで委託保証金が足りなくなると、追加証拠金が求められます。
その額が大きくなり支払いができないと、借金が発生してしまうのです。
理由がどうあれ借金ですから、支払い義務が生じます。
追加証拠金を支払わずに放置すると、証券会社が財産の差し押さえなど、法的措置を取る可能性があることを、覚えておく必要があります。

 

 

株式投資やFXで借金を作ってしまった場合、自己破産は可能か

 

株式投資やFXの相場がクラッシュし、多額の追加証拠金が借金として残り、返済の目途が立たない場合、自己破産を検討する人もいることでしょう。
自己破産とは、債務者自らが破産を申し立て、裁判所ですべての債務を免除してもらう手続きのことをいいます。
ただし、自己破産には免責不許可事由があり、浪費やギャンブルで多額の借金を重ねた時には適用されないこともあります。
そして、株式投資やFXでの借金も、この免責不許可事由にあたる可能性があるのです。
その判断には、借金自体の中で株式投資やFXの取引によるものがどれくらいの割合を占めるのかによります。
自分が自己破産できるかどうか、まずは法律の専門家に相談することをおすすめします。

 

株式投資やFXで借金を作ってしまったら、悩む前に弁護士に相談しよう

 

もし、株式投資やFXで多額の借金を抱えてしまったら、まず債務整理を専門とする弁護士に相談することをおすすめします。
借金を抱えることになった経緯や金額、収入と返済のバランスなどを考慮した上で、自己破産を申し立てるか、個人民事再生による債務整理で、月々の支払額やそこにかかる利息を軽減することもできます。
一人で悩まずに、専門家に相談して、解決方法を探しましょう。

 

債務整理専門の弁護士に相談してみよう

 

複数の借金を背負ってしまったらおまとめローンも解決に有効です

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン