ネットバンクログイン画面は本物?フィッシング詐欺に要注意!

本物そっくりのページが存在!偽物のネットバンクログイン画面の見分け方

 

大手企業のネットバンクやカード会社のWebサイトにおいて、偽物の情報入力画面が表示されるという被害が多発しました。

 

ウイルスが感染し、偽画面が表示されネットバンクの暗証番号を盗むのが目的です。

 

本物と偽物ではURLが違うだけであとはほぼ同じなのです。フィッシング詐欺とは少し違いこの偽画面を見抜くことが難しいのです。

 

例えば、「システムやメンテナンスの向上のためお客様の情報入力の再入力をお願いします。」という文章が出てくるものはフィッシング詐欺で間違いありません。。
ほとんどの企業でそういったことはしないので注意しましょう。

 

 

どうして誘導される?偽画面に誘導されないための対処法

 

偽画面に誘導させる詐欺をフィッシング詐欺は、金融機関などのメールやWebサイトを装い、暗証番号を聞き出そうとしてきます。

 

手口としては、ランダムに引っ掛けメールを送りつけ、個人情報を入力させるように促し、暗証番号やクレジットカードの番号をなどの情報を入力させ、個人情報を抜き出し悪用するというものです。

 

このような詐欺への対処法として、電子メールを信用しないこと、観覧する金融機関のアドレスを確認すること、そして一番はウイルス対策をしてウイルスにかからないようにすることです。
また、ちゃんとした企業の個人情報を入力する画面には基本的にWebブラウザに「鍵マーク」が表示されるのでそのようなことも確認しましょう。

 

 

暗証番号の再入力を求めるようなメールには要注意!あやしいときは必ず問い合わせを

 

運営会社によって対応は違いますが、金融機関からメールで暗証番号を入力させたり、再入力をお願いしたりということは絶対にありません。

 

怪しいと思ったときはそれぞれの利用の会社に問い合わせ、「このようなメールが来た」と確認することです。
ホームページに記載されている電話番号も偽物の場合があるので、金融機関からの明細書や手紙に載っている電話番号を確認してから連絡するようにしましょう。

 

むやみに入力して送信してしまうと個人情報は盗まれます。もし送信してしまったらIDなどの変更が必要になるので大至急問い合わせをし、変更してください。

 

そもそも、こういった詐欺に引っかからないためにもウイルス対策ソフトなどの導入をオススメします。

 

悪徳業者に引っ掛からないための闇金・金融犯罪への知識も必要

 

もしも闇金融に手を出してしまったら・・・


>>借金問題解決無料相談Q&Aへ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン