銀行カードローンよりお得なアイフルのファーストプレミアム・カードローンとは?気になる点を徹底解説!

ファーストプレミアムカードローンとは、アイフルのローン商品の一つです。
この商品は公式でも情報が少なく、利用条件が厳しい面もあり、自分でも申し込んでいいものか、わかりづらく迷ってしまいますね。

 

そこで今回、ファーストプレミアムカードローンの特徴や、どんな人に向いてるのかなどを徹底解説していきますね。

 

 

ファーストプレミアムカードローンの気になるスペック、特徴

まずは、ファーストプレミアムカードローンのスペックから解説していきますね。

 

金利は融資限度額によって変わりますが、下限3.0%〜上限9.5%となっており、実は金利が銀行カードローンとほとんど変わらないため、とてもお得です。

 

また、最低融資限度額が100万円からというのも特徴ですね。

 

ファーストプレミアムカードローンのスペック表

実質年率 3.0〜9.5%
借入上限 100万円〜800万円
審査時間 最短即日
即日融資 可能
担保・連帯保証人 不要
返済方式 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
遅延損害金 20.0%

 

では、なぜそんなにお得なのに、通常のキャッシングより、あまり広まっていないのでしょうか?

 

一つはこの商品の扱われ方に理由があります。
実はこのファーストプレミアムカードローン、Web限定の商品となっているからです。

 

そのため、アイフルの公式HPなどにアクセスしないと分からないため、あまり認知が行き届いていないのです。

 

 

アイフル

 

気になるメリットとデメリットは?

ここでは、実際にファーストプレミアムカードローンにはどういったメリット、デメリットがあるのか解説していきます。

 

メリット

銀行カードローンにも負けない驚異の金利9.5%!

ファーストプレミアムカードローンは金利が4.5%〜9.5%と、とてもお得な金利となっています。
基本的には適用される金利は上限金利なりますが、それでも9.5%の金利は破格と言えますね。

 

融資限度額 金利(実質年率)
100万円以上〜200万円未満 4.5%〜9.5%
200万円以上〜300万円未満 4.5%〜8.5%
300万円以上〜400万円未満 4.5%〜6.5%
400万円以上〜500万円 4.5%〜5.5%
500万円超〜800万円 3.0%〜4.5%

 

では実際に、金利の低い銀行カードローンと比べてどっちがお得なのか、100万円から借入を行う場合の金利を比較していきます。

 

ファーストプレミアムカードローン 100万円以上〜200万円未満 4.5%〜9.5%
三井住友銀行カードローン 100万円以上〜200万円 10.0%〜12.0%
三菱東京UFJ銀行バンクイック 100万円以上〜200万円 10.6%〜13.6%
みずほ銀行カードローン 100万円以上〜200万円 12.0%
イオン銀行カードローン 100万円以上〜190万円 8.80%〜13.80%
楽天銀行スーパーローン 100万円以上〜200万円 9.6%〜14.5%

 

比較してみると銀行カードローンよりもファーストプレミアムカードローンの方がお得な金利となっていますね。
もし100万円以上の融資が必要な方は、一度検討してみるといいかもしれませんね。

 

最短即日融資可能

こんなに金利がお得だと銀行カードローンのように審査に時間が掛かりそうに思えますが、
なんと、最短即日にも対応しているのです。
ただし注意点として、対応はしていますが必ず最短即日が可能というわけではありません。

 

通常のカードローンと比べ、最低融資額の高さや銀行カードローンよりもお得な金利となると、やはり審査にもそれ
なりの時間を掛ける必要が出てくるといったためでしょう。
申込む時間などを考えて申し込まないと、最短即日は難しいので気を付けてください。

 

毎月の最低返済額が高いため、早期完済でき、利息を抑えることができる

100万円を借りた際、月々の最低返済額が15000円ほどで設定されている銀行カードローンもあります。
しかし、ファーストプレミアムカードローンは月々の最低返済が26000円となっていますね。

 

両者を比べてしまうと高く見えてしまうため、それが利用しづらさを招いているのかもしれません。
しかし、月々の返済額が高い分、その分返済回数が少なくて済みます。

 

返済回数が少ない分掛かる利息が抑えられるため、結果返済総額は低くできるのです。
単純に月々の返済額が高く設定されているわけではなく、利用者にあまり利息を掛けない配慮と考えられますね。

 

30日間無利息サービス

実は、意外なことにファーストプレミアムカードローンは30日間無利息サービスが利用できるのです。
いかに金利が低くても、借入額が大きいと最初に掛かる利息は大きくなります。
そのため、無利息サービスが適用されるのは、かなりの強みと言えますね。

 

だれにもバレずに利用可能

ファーストプレミアムカードローンはWeb限定の申込みとなっており、申し込みの際、店頭に赴く必要がないため、誰にもバレずに申し込むことが可能です。

 

契約の手続きや借入も、インターネットから行えるため、バレることはありません。
契約後の郵送物もカードレス契約で行えば、送られてくる心配もないから安心ですね。

 

デメリット

かなりお得なファーストプレミアムカードローンですが、当然デメリットも存在します。
そのデメリットとの一つとして、申込条件が厳しいという点。

 

では、実際にその申込条件がどのくらい厳しいのか、その他のデメリットとともに解説していきましょう。

 

申込条件が厳しい

このファーストプレミアムカードローンですが、実は利用できる人が絞られます。
絞られる理由として以下の2点があります。

 

最低融資限度額が100万円から

これが何故問題かというと、消費者金融には総量規制という制限があるためです。
総量規制とは、年収の3分の1までしか貸し付けを行ってはいけないという制限のことです。

 

基本的に通常のキャッシングローンでは収入によって融資限度額が変わり、大体1万円〜800万円の範囲となっているため、ある程度の収入でも問題はないです。

 

しかし、ファーストプレミアムカードローンの場合、最低融資限度額が100万円以上に設定されています。

 

そこに総量規制の制限を当てはめると、少なくとも年収が300万円以上必要になってくるのです。

 

そのため、年収が300万円に満たない人は、申込んだところで審査に通ることはありません。

 

また、下手に申し込むと申込みブラックに近づくため、申込むのはやめましょう。

 

ちなみに、年収300万円以下の割合は約40%程と言われており、その時点で残りの60%の人しか利用できないというわけです。

 

また年収が300万以上あるからといって必ず審査に通るわけではなく、融資限度額の高さを考慮すると年収が400万〜500万はないと難しいかもしれません。

 

年収400万以上の割合となると約40%になってしまい、そこから審査などで、ふるいに掛けられるとなると、さらに利用できる人の幅は絞られてしまいますね。

アイフルを一度も利用してない

これはアイフルの商品、

 

いずれか一つでも、過去に利用したことがある場合はファーストプレミアムカードローンを利用することが出来ません。

 

例えば、昔、収入がきつくて一度、アイフルのキャッシングを利用してしまったという人は、今の年収が300万円以上になっても利用することは不可能になります。

 

また、キャッシングを利用する人は即日融資を利用したいという人が多いです。
そういう人がいきなり100万円以上の額を必要とするケースはほとんどないと思います。

 

そのため、ご利用融資額が100万円からのファーストプレミアムを利用しようとは考えず、通常のキャッシングを利用してしまうという人が多いのかもしれませんね。

 

そこにファーストプレミアムカードローンの、初めての人限定という、制限が当てはまってしまうのでしょう。

 

この2つの理由により、ファーストプレミアムカードローンの利用者が絞られてしまうため、申込条件が厳しいと言えるのです。

 

提携ATMの利用手数料が有料

金利が低いため、あまり気にする人は少なそうですが、提携ATMの利用は手数料が掛かってしまいます。

 

頻繁に利用しない人であれば特に気にする必要はないですが、頻繁に利用する人となるとやはり、手数料が響いてきてしまい、折角の金利の低さが無駄になってしまいますね。

 

アイフルATMなら手数料が無料で利用出来るため、積極的に利用したいところです。

 

銀行カードローンも考えている方はこちら

 

申込から返済までの流れ

ここでは、申込から返済までの流れを解説していきます。
通常のキャッシングローンと申込手順などに大きな違いはありませんが、Web申込限定という点には注意したいですね。

申込資格

実際にどんな人が利用できるのか上記でも触れましたが、改めて申込条件について解説していきます。

 

年齢

満23歳〜59歳までで、一定の年収があり、初めてアイフルを利用される方
※70歳になった時点で借入は行えなくなります。

年収

具体的な年収額は記載されてはいませんが、総量規制の問題と最低融資限度額が100万円となることから、年収300万円以上が必要。

職業

年収の条件を満たしていれば、アルバイトやパートでも申込は可能。
しかし、年収300万円以上の基準があるため、アルバイトやパートの人が申し込みを行うことは難しいと言えます。

 

同じように正社員でも、新卒入社の方が年収300万円以上を超えることは難しいでしょう。

 

そのため、年収300万円以上というハードルは、ある程度の勤続年数も見越した上での設定かもしれませんね。

 

また、収入がない専業主婦や年金受給者は申込資格には満たさないため、利用は出来ません。

利用状況

今までに、アイフルの商品を一度も利用したことのない人のみ、申し込むことができます。
そのため、他の消費者金融を利用している人でも申込むこと自体は、問題ありません。

 

ただし気を付けてほしいのは、他の消費者金融で借入している状態で、申し込みを行うことですね。
総量規制の問題があるため、仮に年収300万円だとしても、他で100万円を借入していると、それ以上は年収の3分の1を超える借入となってしまいます。

 

それでは、申込みを行っても審査に通ることはできません。
申込の際は、他社での借入も返済し終わってから申し込むようにしましょう。

有資格者

上記を踏まえると、申込資格があるのは以下の条件を満たす方です。

 

  • 年齢:23歳〜59歳まで
  • 収入:安定した収入があり、年収が300万円以上
  • 職業:基本的には問わない(※専業主婦や、年金受給者は利用できない)
  • 利用状況:初めてアイフルを利用する方

 

また、いくら条件を満たしていたとしても、必ず審査に通るわけではないということは理解しておいてください。

 

申込方法

 

  • Webから申込
  • 審査
  • 契約手続き
  • 借入

ファーストプレミアムカードローンはWebからの申込限定となっているため、申込はWebから行ってください。
最短即日は審査状況により異なり、必ず即日に回答が出るわけではありません。
もし即日での回答を狙うのであれば、午前中までに申込むと可能性があがるので、おすすめです。

 

アイフル

 

契約手続き

  • Web
  • 店頭、自動契約機
  • 郵送

 

契約手続きはWeb、店頭・無人契約ルーム、郵送のいずれかとなっています。
Webでの契約手続きの場合、カード有もしくは、カードレスの選択ができます。

 

もし家族にバレるのが心配な方は、

 

  • 店頭または、無人契約ルームでの契約
  • カードレスでの契約

 

どちらかを選択しましょう。
両方とも郵送物が発生しないため、バレる心配はありません。
ただしカードレス契約の場合、契約と同時に口座の振替登録が必要となります。

 

店頭、無人契約ルームでの契約で即日融資を行う場合、手続きと一緒にローンカードも発行できるため、すぐに借入が行えますね。

 

カードレス契約で即日融資を行う場合、通常は振込融資となるため、14時までに手続きを完了させる必要があります。
ですが専用スマホアプリを利用すれば、時間を気にせずに借入が行えます。

 

もちろん、店頭、無人契約ルームでローンカードを発行し、借入を行うことも可能なので、自分に合った方法を選びましょう。

 

在籍確認

在籍確認は、基本的にどこの消費者金融でも行われるため、ファーストプレミアムカードローンに申し込んだ場合も、もちろんあります。

 

従来の通り、職場に電話での在籍確認が行われますが、もし電話での在籍確認が難しい、して欲しくないといった場合は、事前にアイフルへ相談しましょう。

 

場合によっては、他の方法での在籍確認を行ってもらえるかもしれません。

 

必要書類

必要書類についても同様に、通常にキャッシングでも必要とされる書類と同じになります。
ただし、注意点として、ファーストプレミアムカードローンは、最低融資限度額が100万円からとなるので収入証明書が必須です。

 

申し込みの際にはしっかりと用意をしておきましょう。

 

本人確認書類

  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 特別永住者証明書
  • 顔写真付きの場合
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • 公的証明書類(氏名、住所、生年月日)

 

収入証明書

  • 給与明細※最新2か月分
  • 源泉徴収※最新の年度
  • 確定申告※最新の年度
  • その他:納税通知書、所得(課税)証明書

収入証明書についての補足として、

・賞与を含んでの年収300万円以上の場合
収入証明書を給与明細で提出する際、給与明細の最新2か月分だけではなく、その年の賞与明細も用意する必要があるため、気を付けてください。

 

借入方法

借入方法に関しては、通常のキャッシングと同じとなっており、

 

  • アイフルATM、提携CD・ATMでの借入
  • インターネットからの振込予約
  • 電話からの振込予約

上記の3種類となります。
インターネットでの振込予約の場合、24時間振込予約をすることができるため、大変便利です。

 

しかし銀行への振込なので、利用の際は銀行の営業時間に注意が必要になります。
電話からの振込予約も同様です。

 

アイフルATM、提携CD・ATMの場合、時間を気にせず手軽に利用できておすすめです。
急な土日での借入もこちらの借入方法なら可能です。

 

利用時には、専用のスマホアプリか、ローンカードが必要になります。
カードレス契約をした場合は手元にカードが届かないため、スマホアプリでの利用が主になる点に注意してください。

 

ただしカードレス契約をしたからといって焦る必要はなく、ローンカードの発行は後からでもできます。
発行自体は契約ルームでも行えるので、必要と感じ時に契約ルームで発行をすればいいですね。

 

返済方法

返済方法は多彩で、以下6種類の方法から選べます。
ですがそれぞれに、メリット、デメリットが存在するため、注意が必要です。

 

  • 銀行振り込みでの振込返済
  • アイフルATMを利用した返済
  • アイフル店舗での返済
  • 提携ATMを利用した返済
  • コンビニのマルチメディア端末を利用した返済
  • 口座からの自動引き落とし返済

 

銀行振り込み

銀行振り込みの場合、手数料がかかるので、注意しましょう。
また、基本的に当日14時までの振り込みは、当日分として反映され、それよりも遅くなってしまうと、翌日の着金となり、その日には反映されません。

 

そのため、返済期限日の15時に銀行振り込みを行うと遅延となる恐れがあります。
銀行振り込みを利用する場合は、振り込み時間に十分気を付けてください。

 

アイフルATM

土日祝日に関係なく、朝7時から23時まで手数料無料で利用可能です。(※一部場所により異なります。)

 

営業時間の長さでは、コンビニATMにやや劣りはしますが、手数料も無料なので積極的に利用したい返済方法となります。

 

アイフル店舗

平日10時から18時のみとなっており、アイフルATMと比べると使い勝手はあまりよくはないですね。

 

ですが、こちらも手数料0円で返済をすることが出来るため、銀行振り込みよりは優れています。

 

提携ATM

セブン銀行、イオン銀行、三菱東京UFJ銀行、西日本シティ銀行、ローソン、E-net、親和銀行のATMが返済可能な提携ATMとなっています。

 

営業時間は提携先により異なりますが、大体が24時間の営業を行っているので、大変便利です。
ただし、こちらの利用に際しては、必ず手数料が発生します

 

毎月利用していると手数料で損をしてしまうため、アイフルATMが利用できない場合に利用するなどの工夫をするといいでしょう。

 

コンビニ

全国のローソンのLoppi、また、ファミリーマートのFamiポートで返済する方法です。
これらのマルチメディア端末を利用して、返済用の用紙をプリントアウトし、レジで
支払をする方法です。

 

コンビニと聞くと基本的に24時間営業していると思いがちですが、このマルチメディア端末の返済用紙は、発券時間が7時から23時となっている点に注意しておきましょう。

 

口座振替(自動引き落とし)

口座振替の場合、手数料が無料で自動的に返済ができることが利点です。
返済日は約定日制のみの対応ですが、返済額と口座の残高さえきちんと把握していれば返済日を忘れてしまっていても安心ですね。

 

毎月の返済日

毎月の返済日は約定日制とサイクル制で異なります。

 

約定日制
約定日制は、毎月の一定の返済日を指定する方式で、指定した返済期日までの10日間が返済期間となります。
仮に25日に返済日を指定した場合、15日から25日が返済期間となります。

 

サイクル制
サイクル制では、返済日の翌日から35日後が次回の返済日となります。
返済期日より前ならいつでも返済は可能ですが、考えて返済を行わないと毎月の返済期日がずれていってしまう可能性があるため、注意が必要です。

 

 

ファーストプレミアムカードローンの利用も視野に

認知度の低さや、申込条件が厳しいといった点はありますが、もし申込条件を満たしているならば、ファーストプレミアムカードローンは、是非ともおすすめしたい商品ですね。

 

通常の金利18.0%より、はるかに低い金利9.5%に加え、無利息サービスも適用されるといった充実ぶりとなっています。
銀行カードローンの金利にも勝る低金利に加え、消費者金融ならではの借入の手軽さを合わせ持っている点がこの商品の利点です。

 

銀行カードローンや通常のキャッシングの利用を検討の際には、一度、自分が条件を満たしているか確認してみるのもいいかもしれませんね。

 

アイフル

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン

アイフルの関連記事一覧

カードレス、即日融資OK!アイフルのWEB完結申込の申込〜借入、返済まで徹底解説...

日進月歩で進化しているのが医学とカードローン。特に消費者金融は顧客サービス改善、新サービスの導入に力を入れていますが、今回はアイフルのWEB完結申込にクローズアップ!大手消費者金融の中でも、独立系として疾走するアイフルの新しい申込み方法とはいったいどのようなサービスなのでしょうか?アイフルの新WEB...

» 続きを読む

アイフルの即日融資を徹底解説!振込融資には注意点あり

即日融資が可能なことは消費者金融の大きな特徴です。アイフルでの借入も例外ではありません。ここでは、アイフルの即日融資について注意点も含めてまとめました。アイフルの即日融資方法(1)WEB完結申込みから融資までのすべてがWEBで完結できます。受付完了メール確認後に電話(フリーダイヤル、9時〜21時)を...

» 続きを読む

アイフルの審査は厳しい?審査に通過するために知っておきたい、審査基準と対策を解説...

アイフルは、他の銀行系消費者金融のアコムやプロミスと違い、独立系消費者金融です。銀行の傘下ではないため、審査も自社のみの判断ということになりますね。消費者金融の審査は緩い、甘い、といった認識が持たれていますが、唯一独自経営のアイフルの審査はどうなのか気になるところです。アイフルの1秒診断は何を審査し...

» 続きを読む

アイフルは土日祝日の即日融資も可能!確実に融資を受けるためのコツとは?

即日審査、即日融資が可能なのは消費者金融の最大のメリット。それは当然消費者金融のアイフルでも同じことです。しかもアイフルなら土日祝日でも即日融資が可能!土日祝日に急に現金を借りなくてはいけなくなった人でも、アイフルに申し込めば安心です。この記事ではアイフルで土日祝日に即日融資を受けるためのコツと注意...

» 続きを読む

アイフル会員ページへのログインで可能なことを解説!アプリの新サービスも紹介

即日融資も可能な消費者金融大手のアイフルにはスマホやパソコンからログインして利用できる「会員メニュー」が用意されています。・借入残高や返済日などの確認・限度額の増額申し込み・返済日お知らせメールの設定・振り込みキャッシングわざわざアイフルに電話したりATMに行かなくても、自分の借入状況の確認や、さま...

» 続きを読む

アイフルの在籍確認を徹底解剖!なしにする方法はある?

アイフルに借入を申込むときは、借入申込から借入までの流れを知ることが大切です。また、借入にともなう不安や心配事を解決する必要もあります。ここでは、そのひとつ「在籍確認」についてまとめました。アイフルの場合も在籍確認は必要!ただし例外もアイフルでお金を借りるとき、在籍確認があるか気にする人もいるのでは...

» 続きを読む

女性でも安心!アイフルのレディースローン スラリ(SuLaLi)を徹底解剖!

アイフルが女性向けカードローンとして提供しているスラリ(SuLaLi)は、手続きがシンプルなのに女性が求めるローンの条件をしっかりと満たしているということで高い人気を誇っています。レディースローン スラリ(SuLaLi)はどのような商品なのか、また、どのようなメリットやデメリットがあるのかについて解...

» 続きを読む

アイフルのおまとめローンを徹底解説!気になる審査基準は?!

アイフルのおまとめローン「おまとめmax」と「かりかえmax」とは?審査は甘いの?複数社からの借金を一本化し、月々の返済や金利負担を軽くすることができるのがおまとめローンです。大手消費者金融として有名なアイフルにも「おまとめmax」と「かりかえmax」という2種類のおまとめローンがあります。商品内容...

» 続きを読む

アイフル返済額は月々4,000円からOK!

即日融資も可能な大手消費者金融のアイフルからお金を借りたら、もちろん返済しなければいけません。無理してたくさん借り入れしてしまうと、返済額が負担になってしまいます。自分の身の丈にあった借り入れ額に抑えるためにも、どのぐらい借りたらどれだけ返済しなければいけないのかを事前に把握するべきです。アイフルで...

» 続きを読む

アイフルのローンは7種類!限度額や金利の違いを表で確認!

大手消費者金融のアイフルは、複数のローンを提供しています。各ローンは特徴が異なり、場合によっては審査すら受けられない場合も。これからアイフルのローンを利用する予定の人は、最も適したものを選びましょう。商品名種類金利最大限度額キャッシングローンカードローン3.0%〜18.0%800万円SuLaLiカー...

» 続きを読む

アイフルで家族にバレずに借りるには自動契約機がベスト!バレない方法の徹底解説!

アイフルの借入方法はさまざま・・・その中でもバレたくない希望を叶える方法は?予期しない出費が重なったり、予定より収入が少なくてお金に困り、いざ消費者金融からお金を借りようと思ったときには、自然とこう思うのではないでしょうか…「あまり人にはバレたくないな」、と。お金を借りることはおおっぴらに言いふらし...

» 続きを読む

いざという時に慌てないために!アイフルのキャッシング申込の必要書類が知りたい!

揃えるのはこれだけ!アイフルのキャッシングには何が必要?即日融資も可能なアイフルのキャッシングを利用するためには、必ず所定の書類を提出しなければなりません。書類が揃っていなければ契約することができませんので、必要な書類を事前にチェックしておきましょう。アイフルの申し込みに必要な書類には以下の2つがあ...

» 続きを読む

アイフルは無利息サービスが受けられる!いくら借りても金利0のお得なサービスを徹底...

金融機関からお金を借りると金利によって必ず利息が発生します。即日融資も可能なアイフルを初めて利用する人なら30日間限定でなんと金利0。つまり10万円借りたら、10万円だけ返済すればいいのです。これがアイフルの無利息サービスです。この記事ではアイフルの無利息サービスの利用方法や注意点、他社との比較を徹...

» 続きを読む

アイフル限度額を上げる増額審査を解説!申し込み方法や審査のコツとは?

「もう少しでアイフルの限度額ぎりぎりまで借りてしまう」「もっと限度額があれば憧れの海外旅行に行けるのに」こんな風に考えている人は「アイフルの限度額の増額」を検討しましょう!アイフル入会時に決められた限度額は、ずっとそのまま変わらないわけではありません。一定の基準を満たせば限度額は増額されます。アイフ...

» 続きを読む

アイフルの返済シミュレーションを立てて計画的に返済しよう

「返済シミュレーション」をご存知でしょうか?大手消費者金融アイフルが公式サイトで提供している便利なサービスです。返済シミュレーションを使えば、金利の仕組みや利息額計算がわからない人でも、簡単に返済までの道のりが明確になります。この記事ではアイフルの返済シミュレーションの使い方や、金利と返済額の仕組み...

» 続きを読む

アイフルのカードを紛失したらすぐに再発行を!方法と注意点とは

「財布を落としてしまった…」と真っ青になってしまっているあなた。落ち着いてください。財布に入っていた現金への未練は捨てて、まず各種カードを使えなくなる手続きをするべきです。・キャッシュカード・クレジットカードこれらのカードはいますぐに止めるべきです。そして忘れてはいけないのが「アイフルのカード」。も...

» 続きを読む

アイフルの解約方法を解説!退会時には完済証明書をもらうべき?

大手消費者金融アイフルを解約するにはどうすればよいでしょうか?また、アイフルを解約する際に注意すべき点はあるのでしょうか?アイフルへの申し込みに関する情報は多くみられますが、解約に関する情報はあまり見られません。今回はアイフルの解約やその際の注意点などについて詳しく解説します。解約以外にも知りたいこ...

» 続きを読む

【アイフル体験談】お受験で財布がピンチ!

「カードローンなどを利用している」というと、お金にルーズな人だというイメージが世の中には存在するようです。しかし、実際には環境や状況が変わってやむを得ず利用しているケースが非常に多いんです。今回体験談を寄せてくださった方も、まさにそんな一人です。

» 続きを読む

アイフルの事業者向けローンの必要書類と審査の流れを徹底検証!

WEB完結によるカードレス融資やチャットボット「ルフィア」による相談窓口設置など、顧客心理を掴んだ金融サービスを充実させているアイフル。今回は独立系消費者金融アイフルが送る、個人事業主の方でも借入可能な「事業サポートプラン」をご紹介したいと思います。年収はいくら位必要?審査基準はなに?など個人で会社...

» 続きを読む

金融支援終了!倒産寸前から業界主力企業として勝ち残ってきたアイフルの底力

2018年現在、大手消費者金融として、アコム、プロミスと共に名を連ねるアイフル。そんなアイフルも少し前までは倒産寸前にまで追い込まれてしまい、銀行からの金融支援を受けるまでに追い込まれました。チワワCMで絶好調だった2000年代前半から、消費者金融業界全体を危機的状況に追い込んだ過払い金返還請求によ...

» 続きを読む

【アイフル体験談】病気の親を抱えたのを機にやむを得ず…

決してぜいたくにふけったり無計画なお金の使い方をしていなくても、ときには急にまとまったお金が必要になることはあるものです。特に、それがかわいい子どもの将来のためとなれば、なんとしても出してあげたいのが親心。今回ご紹介する方も、普段は堅実な暮らしをしていたものの、お受験に際して急にまとまったお金が必要...

» 続きを読む

【アイフル体験談】資金繰りに行き詰った個人事業主の取った打開策とは?

堅実に地元密着で内装業を営んできたKさんでしたが、値下げ安売りの世の中に逆らえず、受注単価を下げていくうちに資金繰りに苦しむことになってしまいます。その場しのぎに自分の貯金を割り当てて当座の会社の資金としてきたのですが、その貯金も尽きて、妻の不審の目もやり過ごせなくなってきた・・・そうして藁をもつか...

» 続きを読む

【アイフル体験談】酔いつぶれてすっからかんになったけど…

アラフォーの独身生活を楽しんでいるNさん。彼はお酒には強くないもののお酒の場そのものは大好きで、週末になればどこぞの飲み屋に繰り出すのが、ほぼ生きがいといっても良いくらいでした。そうしていつものように飲みに繰り出したとある夜、意識を失い酔いつぶれている間に、Nさんは財布をすられてしまいます。財布には...

» 続きを読む

【アイフル体験談】やり方次第でデメリットなし!利用価値大な選択肢!

家の冷蔵庫が急に壊れたため、あわてて代わりを購入する必要に迫られたIさん。家電量販店でタイミングよくかなりお得な商品を見つけることができましたが、現金一括購入だとさらに5000円の割引が受けられるというキャンペーンに心惹かれ、現金で購入したいと考えます。が、すぐに全額現金を用意できそうにはなく…、彼...

» 続きを読む

アイフルってどんな会社なの?人気と信頼の裏側に迫る!

アイフルと言えば、お笑いコンビのCMで有名な消費者金融業界トップの企業です。融資を受けたいと考えた時、消費者金融の中でも、大手のアイフルやアコム、プロミスを選択肢に掲げる人は多いですね。しかし、知名度が高く、大手消費者金融としても有名な、このアイフルでも、「借金」というイメージやひと昔前のサラ金の騒...

» 続きを読む

アイフルでも始まった30日間無利息。各社の仕組みをおさらいしよう!

アコム、プロミスに続いてアイフルでも始まった無利息期間。その特徴とは?無利息期間のあるキャッシングの先駆けは、アコムとプロミスでした。アコムでは、初めての利用者で、35日ごとの返済期日で契約する方に限り、契約の翌日から30日観は無利息としています。プロミスは、初めての利用者で、Eメールアドレスを登録...

» 続きを読む

銀行カードローンよりお得なアイフルのファーストプレミアム・カードローンとは?気に...

ファーストプレミアムカードローンとは、アイフルのローン商品の一つです。この商品は公式でも情報が少なく、利用条件が厳しい面もあり、自分でも申し込んでいいものか、わかりづらく迷ってしまいますね。そこで今回、ファーストプレミアムカードローンの特徴や、どんな人に向いてるのかなどを徹底解説していきますね。おま...

» 続きを読む

アイフルで利用できるコンビニATMを徹底調査!借入・返済もより一層便利に!

すぐにお金を借りたい方にとって、アイフルが利用できるコンビニATMは非常にありがたい存在です。アイフルの店舗やATMが近くになくても、提携ATMを設置しているコンビニさえあればいつでもどこでも現金を手にすることができ、困った時の強い味方になります。また、借入だけでなく返済にも対応しているので、お金に...

» 続きを読む

アイフルのグレーゾーン金利時代の実態と過払い金訴訟での対応をしっかり解説!

貸金業法が改正されるまで存在していたグレーゾーン金利は、多くの債務者や自己破産者を生んだ大きな要因とされるものでした。かつてはアイフルもそのグレーゾーン金利で契約を行っていたため、法律の改正後には同様の消費者金融業者とともに多くの過払い金訴訟を抱えることとなりました。アイフルはその訴訟に対してどのよ...

» 続きを読む

アイフルで利用できる提携ATMは?銀行名や手数料をチェック!

大手消費者金融のアイフルは、多くの銀行・コンビニATMと提携しています。今回は、アイフルのお取引(借り入れ・返済)ができる提携ATMについて詳しく解説!既にアイフルを利用中の方も、これから利用を考えている方も、提携ATMの銀行名、コンビニ名、手数料や、利用できる営業時間をチェックして便利に活用しまし...

» 続きを読む

アイフルはブラックリストに入っていても審査に通る?借りるよりも債務整理を検討すべ...

アイフルなどのカードローンでお金を借りるためには、審査に通過しなくてはいけません。その審査で重要なの要素の1つは収入ですが、それと同じくらい信用情報が大切になります。そして、信用情報と関係してくるものにブラックリストという言葉があります。ブラックリストに載っている状態ではカードローンの審査に通過する...

» 続きを読む