マイナス金利導入で注目を集める「フィンテック」って何?

私たちの生活の身近にあるフィンテックとは?

 

「フィンテック(FinTech)」という言葉を見聞きする機会が増えていると思いますが、その意味を正確に説明できない人も多いのではないでしょうか。
フィンテックとはそもそも、ファイナンスとテクノロジーをかけあわせた造語でした。
ですが現在は、金融業界のIT活用というだけでなく、スマートフォンやAI(人工知能)、ビッグデータなどを使った新しい金融サービスもフィンテックと呼ばれています。
私たちの生活に身近な例では、スマートフォンによるモバイル決済がフィンテックにあたります。

 

フィンテックが定着すると、どんな便利なことがあるの?

 

最近では、クレジットカードの明細や電子マネーの利用履歴に基づいて自動で家計簿を作成してくれる、クラウド家計簿が登場しました。
同様に、個人事業主や中小企業の経営者が、クラウドで経費管理を行うことも増えています。これにより、経理担当を雇わずに済み、その分を別な経費に使えるというメリットを感じている方も多いようです。
またアメリカでは、複数のクレジットカードやキャッシュカードを1枚にまとめる、カード型ウォレットが発売されています。
フィンテックが進めば、ますますキャッシュレス化が進み、重い小銭や多額の現金を持ち歩く必要がなくなります。
決済という観点からみると、利便性も効率性も安全性も高くなることが予想されるのです。

 

マイナス金利導入により、フィンテックが加速する可能性が高い

 

いまは送金する際には、必ず銀行またはATMでの操作が必要です。
ですが、フィンテックが進むことで、LINEやFacebook経由での送金が可能になったり、店頭で指紋認証することで支払いができるなど、ますます便利になることが予想されます。
金融テクノロジーは、急激な勢いで進化していますので、今後のニュースにも注目してみてください。

 

 トップページに戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン