エポスカードはキャッシング枠利用が初回30日間無利息、即日発行可。最強のクレカかもしれない件

エポスカードといえば『マルイ(OIOI)』。
マルイでよく買い物をする人にとってはおなじみかもしれません。
なんせマルイ店舗はどこもかしこもエポスカードセールスがパないですから。
他のクレカを出そうものなら

 

「ポイントが付くエポスカード作ったほうが絶対お得ですよ!今日から2,000円割引できますけどどうですか?」

 

さらに、気に入ったものがなくて帰ろうとしているのに

 

「エポスカードだけでも作っていきませんか?すぐできますよ!」

 

こんな営業かけてきます。
各店舗も相当マージンもらってるんだろうなぁという感じです(笑)。

 

関東在住の管理人はマルイを利用することが多いので、エポスカード持ってます。

 

エポスカードはキャッシング枠利用が初回30日間無利息、即日発行可。最強のクレカかもしれない件

 

しかもムダにゴールド!

 

エポスカードはゴールドカードでも永年年会費無料なので、インビテーションが届いた時点で即ゴールドに切り替えてもらっちゃいました。

 

エポスは年間数十万くらい使っていれば比較的簡単にインビ届くと思います。
それでいてしっかり限度額も増えますし(確かゴールドスタート時80万円くらいだった)、年間利用金額に応じたボーナスポイントももらえますし、海外旅行保険自動付帯ですし、どうせ無料ならエポスゴールドにするっきゃない!っていう感じです。

 

と、話が猛烈に逸れましたが、キャッシングユーザーにとってもエポスカードはとても使い勝手の良いカードなので、ここではエポスカードのキャッシング枠利用について紹介します。

 

 

 

エポスカードがなぜキャッシングユーザーに向いているか

 

今すぐお金を借りたいニーズを持つカードローンユーザーにとって、新規申し込みをする場合のハードルはやはり審査だと思います。

 

  1. 審査にどれくらい時間がかかるのか?
  2. どんな部分を審査されるのか?
  3. どれくらいの融資枠をつけてもらえるのか?

 

カードローンの審査における3大気になるポイントですよね。

 

 

エポスカードは申込み条件に18歳以上のかた(高校生をのぞく)としか書いてありません。

 

「安定した収入のある方」といったカードローンの申込み条件には必ず入ってくる事項すらありません。

 

エポスカードはキャッシング枠利用が初回30日間無利息、即日発行可。最強のクレカかもしれない件

 

そして注目はなんといっても画像左下の赤丸部分ですよ。

 

「審査の結果はお申込み完了後すぐにメールでお知らせします」

 

これです。

 

クレジットカードはカードローンと違ってカード発行に職場の在籍確認が必要などということはほぼありません。
※プラチナカードなどのハイステータスカードは除く

 

 

そしてエポスカードの場合はマルイ店舗からの申込みにも対応しているので、審査にあまり時間をかかられないと推察されます。
買い物途中でカード発行のためにあまり待たされてしまってはお客さんの心証良くないですからね。

 

管理人も最初にエポスカード作ったときはマルイ店舗申込みだったんですが、店舗内エポスカードセンターに連れて行かれて手続き待ちをさせられたわずかな時間ですらイライラしちゃった記憶があります(笑)。

 

そんなわけで審査結果はすぐ出ますし、ネット申し込みでも近くにマルイの店舗さえあれば営業時間内の即日カード発行が可能です。

 

初期状態でもキャッシング枠が5万円〜10万円ほどは付いていますので、即日融資可能というわけです。

 

まさにカードローンユーザーのニーズにどストライクなカードといえるのではないでしょうか。

 

ATM手数料がほとんど無料

 

クレジットカードのキャッシング枠を利用する場合、気になるのがATM手数料ですよね。
銀行ATMからクレカでキャッシングすると高確率で100〜200円の手数料が取られてしまいます。

 

それくらいいいじゃないかと思うかもしれませんが、200円の手数料って年利18%で5万円借りたときの利息8日分に匹敵する金額ですよ。

 

少しでも賢くキャッシングを利用したいならATM手数料がかからない手段で利用するべきです。

 

消費者金融のカードローン各社は主要銀行やコンビニATM、振込キャッシングの手数料が無料になっていることがほとんどですし、銀行カードローンの場合はその銀行ATMをそのまま利用すれば手数料はかかりません。

 

が、クレカのキャッシングの場合消費者金融のようなきめ細かいサービスができているものはあまりない…と思ったらありました。

 

それがエポスカードです!
わざとらしいですか(笑)。

 

エポスカードはキャッシング枠利用が初回30日間無利息、即日発行可。最強のクレカかもしれない件

 

エポスカードはこれだけのATM全てで手数料無料です。
以下にちゃんと記載しておきます。

 

三菱UFJ銀行
三井住友銀行
横浜銀行
北海道銀行
ゆうちょ銀行
セブン銀行
イオン銀行
E-netATM
ローソンATM
エポスカードATMコーナー

 

これだけあればどれかは生活圏の近くにATMありますよね?

 

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、イオン、ダイエーの各店が家の近くに何もない!という日本人はほぼいないはず。

 

つまり、エポスカードを持っていれば近くに買い物出たついでにキャッシングの入出金が手数料無料でできるということです。

 

初回利用から30日間無利息サービス

 

もはや消費者金融か!と言いたくなるレベルですが、エポスカードのキャッシング枠を初めて利用する場合、利用日から30日間無利息で借り入れができます。

 

さすがにクレジットカードのキャッシング枠で30日間無利息サービスをやっているとこはあまりないでしょう。

 

この無利息サービスは「初回借入日ベース」で無利息期間が設定されますので、プロミスのようにキャッシングを使うタイミングはここぞというときを狙い撃ちするのが吉でしょうね。

 

注意点として、返済サイクルの都合上借入れから返済日まで30日以上の日数がかかる場合は金利が発生してしまいますので、無利息期間を利用したキャッシングをするなら返済のアテが付いた段階でサッサと返済してしまいたいですね。

 

エポスATMでなら自由なタイミングで全額返済が可能です。

 

東京:95件
千葉:14件
埼玉:19件
神奈川:32件

 

関東4県内にこれだけの数エポスATMがあります(2017年8月現在)。

 

 

一括かリボ、選べる返済方法

 

別記事でも書いたとおりで、クレジットカードのキャッシング枠は一括返済が基本なのですが、エポスカードのキャッシング枠は返済方法が選べます。

 

デフォルトはリボ払いですが、増額や全額返済をすぐにエポスNETから変更することができます。
ATMで繰り上げ返済したい場合はエポスATMからのみ可能です。

 

消費者金融とまではいきませんが、エポスカードはキャッシング枠の返済に関しても融通と利便性はクレカ離れしていると言っても全然大げさじゃないと思います。

 

機会があったらぜひ申し込んでおきましょう、エポスカード。