ビジネスローンで即日融資!事業資金を今日中に借りたい方必見!

会社経営者や個人事業主として事業を営んでいる方の多くは、事業資金の調達は銀行の融資を利用しているという方が多いのではないでしょうか。
銀行では保証協会付きの融資などの取り扱いもしており、金利の低さが魅力ですが、審査に時間が掛かるのがネックでもあります。

 

しかし、事業を営んでいると、思いがけない支出や様々な資金決済が重なり、どうしても今日中にお金が必要という状況に陥ることがあります。
このような時に是非オススメしたいのがビジネスローンです。

 

ビジネスローンの中には即日融資可能なものもあり、急な資金需要にも対応することができるので、資金ショートを防ぐことができます。
そこで、今回はビジネスローンで即日融資を受ける方法や注意点などを詳しく解説します。

 

即日融資についてはこちらもチェック!

 

ビジネスローンで即日融資が可能な業者は?その秘密はスコアリングシステムにあり!

ビジネスローンは様々な金融機関で取り扱われていますが、その中でも即日融資を受けやすいのが大手消費者金融など比較的規模の大きい消費者金融のビジネスローンです。

 

大手消費者金融などではビジネスローンの審査にスコアリングシステムを導入しており、申込内容や信用情報、決算情報などを元に自動的に点数化を行い、審査の諾否や融資可能額を判断することができます。

 

このシステムがあれば、審査時間が大幅に短縮され、最短審査時間60分を謳っている「オリックスVIPローンカード BUSINESS」のように、個人向けのカードローンに匹敵するほどのスピード融資ができるのです。

 

一方、中小消費者金融ではスコアリングシステムが導入されていないことも多く、審査担当者による手作業の審査を行うので時間がかかってしまいます。

 

また、銀行にはスコアリングシステムが導入されていますが、ビジネスローンよりも銀行融資として推進できないかという観点でも検討を行うので、余程の事情がない限り審査に時間がかかり即日借入ができることはほとんどありません。

 

また、信用保証協会付きのビジネスローンは、保証協会の審査も必要なので最低でも1週間以上はかかるとみておきましょう。

 

即日融資可能なビジネスローンは10社程度あり、代表的なものとしては以下のような商品があります。

 

プロミスなどの知名度の高い消費者金融から、一定のエリアで営業しているユニーファイナンスなど様々なものがありますが、どのビジネスローンでも、事業性資金に利用するのであれば基本的には使い道は自由です。

 

運転資金、設備投資、人件費、納税資金など様々な用途に使うことができるので、使い勝手が良く、いざという時に役立つことは間違いないでしょう。

 

 

手順は簡単!ビジネスローンで即日融資を受ける方法!

ローンカード型のビジネスローンには極度額が設定されており、その範囲内であればATMでいつでも借入ができるため、1枚持っておくと非常に便利です。
通常、カードは郵送で送られてきますが、即日融資を受けるのであればカードの到着を待っていては間に合いません。

 

そのため、ビジネスローンで即日融資を希望する方は、銀行振込で融資金を振り込んでもらう方法が一般的です。
更に、WEB申込みを利用すれば、手続きもより一層スムーズになります。

 

振込による即日融資方法

  1. WEB申込
  2. 審査結果通知
  3. 銀行振込で即日融資を受ける

 

また、プロミスのように自動契約機でカードを受け取り、ATMで即日借入ができる消費者金融もあります。

 

自動契約機を使った即日融資方法

  1. WEB申込
  2. 審査結果通知
  3. 自動契約機で契約手続き、ローンカード受け取り
  4. カードで自社ATM、提携コンビニATM、銀行ATMで借入

 

即日融資ができるビジネスローンの場合、スコアリングシステムを導入しているので、以下のような必要書類を提出することですぐに審査結果が出ます。

 

法人

  • 登記事項証明書(商業登記簿謄本)
  • 代表者の本人確認書類(免許証等)
  • 決算書2期分

個人事業

  • 本人確認書類
  • 確定申告書2年分

法人か個人事業主かで提出書類は異なりますが、基本的には本人や会社を証明する公的書類業績を確認する書類必須となります。
必要書類に不備があれば、審査がストップしてしまう可能性もあるので、確実に提出できるように準備しましょう。

 

ビジネスローンとカードローンの審査の違いとは?

 

知らなければ大ピンチに陥る可能性も!?ビジネスローンで即日融資を受ける際の注意点は?

前述したように、カード型のビジネスローンの場合、即日融資を希望するのであれば郵送でカードが届くのを待つのではなく、基本的には銀行振込による融資を受けることになります。

 

しかし、銀行振込は24時間いつでもすぐに入金が行われるというわけではなく、銀行の営業時間を過ぎてしまうと翌営業日扱いになってしまいます。

 

銀行の営業終了時刻は平日15時ですが、即日融資を受けるためには余裕を持って平日14時半までには契約を完了させておくようにしましょう。

 

ビジネスローンの審査は最短でも1時間は掛かるため、午前中のうちに申込みを済ませておくと安心です。
振込時限があることを知らなかったり、「15時に間に合えばいいだろう」とギリギリに手続きをしてしまうと当日中に間に合わない可能性もあります。

 

特に、手形決済など重要な支払資金をビジネスローンの即日融資で調達しようとする場合、この時限を知らなければ不渡りが起きてしまうなど事業に重大な支障をきたしてしまうので要注意です。

 

 

即日融資ができるビジネスローンなら急なピンチにも対応できる!申込み時限は要チェック!

事業の資金繰りに行き詰まり、今日中にお金を用意しなければならないという局面でも、即日融資ができるビジネスローンなら資金調達が可能です。

 

即日融資可能なビジネスローンは、大手消費者金融を中心に取り扱われており、申込み手続きも簡単なので、困った時には是非利用を検討してみて下さい。

 

ただし、振込には時限があることは念頭に置き、早めに手続きを完了するようにしましょう。極度枠を設定するタイプのビジネスローンであれば、即日融資を受けた後も、極度枠の範囲内であればいつでも借入ができますので、もしものために持っておくと非常に心強いローンです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン

ビジネスローン関連記事一覧

国から融資が受けられる開業資金って?開業前に知っておきたい資金調達法

新規開業のために融資が受けられる行政機関とは?新規開業をしたいと考えた時、ネックになるのは資金調達ではないでしょうか。もし、独立起業を考えているなら、いきなり銀行に融資の相談に行くのではなく、国や地方自治体の制度融資を利用することも、検討してみましょう。制度融資とは、各地方自治体が、中小企業の支援を...

» 続きを読む

ビジネスローンの審査って個人向けカードローンと比較してどう違う?

そもそもビジネスローンと個人向けカードローンは何が違うの?個人事業主が資金繰りを考える時、ビジネスローンを組むか、個人向けカードローンに申し込むか、悩むことがあるかもしれません。どちらもお金を借りることに違いはないのですが、ビジネスローンと個人向けカードローンは、まったく違う金融商品です。ビジネスロ...

» 続きを読む

事業者の急場しのぎに総量規制対象外のビジネスローン!賢い利用の仕方とは?

急に資金調達が必要になったらビジネスローンの利用を検討しよう!中小企業の経営者あるいは個人事業主としてビジネスを行っていると時折、資金繰りに悩まされることがあります。それが運転資金やつなぎ資金、設備投資などいかなる理由であっても、すぐに現金を用意できるほど、余裕を持って経営できている人は少数派なので...

» 続きを読む

法人が銀行からお金を借りるときにお世話になる信用保証協会とは?

信用保証協会って何?法人は必ず関わるの?企業が銀行から融資を受ける際、信用保証協会への申し込みが紐づていることが多いです。信用保証協会とは、中小企業・小規模事業者の金融円滑化を目的に設立された、公的機関のことをいいます。中小企業・小規模事業者が金融機関から事業資金を調達しようと考える時に、信用保証協...

» 続きを読む

起業・独立する前にクレジットカードとカードローンを作っておこう

起業・独立後の収入は不安!お金が不足する事態に備えるには?最近ではインターネット系の事業が増えたことで、昔より年齢の若い方でも独立しやすくなりました。その背景として、バブル崩壊後、企業の終身雇用制度の崩壊とともに働くという事に対しての意識が変化し、働き方が様々になってきているからです。起業・独立のメ...

» 続きを読む

個人事業主でも借りられるビジネスローン。銀行の融資との違いとは?

個人事業主が銀行から借り入れをするのがそれほど簡単ではない理由とは?個人事業主であっても、仕事をする上で運転資金は不可欠です。ですが、銀行などで借り入れをしようとすると、なかなか融資をしてもらえない現実があります。それは、個人事業主は仕事や収入が不安定で固定されにくく、会社員のように勤務実態がつかみ...

» 続きを読む

ビジネスローンで即日融資!事業資金を今日中に借りたい方必見!

会社経営者や個人事業主として事業を営んでいる方の多くは、事業資金の調達は銀行の融資を利用しているという方が多いのではないでしょうか。銀行では保証協会付きの融資などの取り扱いもしており、金利の低さが魅力ですが、審査に時間が掛かるのがネックでもあります。しかし、事業を営んでいると、思いがけない支出や様々...

» 続きを読む