Edyでマイルが貯まる? 電子マネーの有効活用術

おサイフケータイとして使えるEdyの魅力とは?

 

Edyは、楽天Edy株式会社が発行する電子マネーで、利用するためにはEdyカードかおサイフケータイを持ち、現金をチャージすることが必要です。
Edyの魅力は、日本国内の主要のコンビニエンスストアを始め、全国40万店以上で利用可能なことです。
読み取り機にタッチするだけで手軽に決済が終了するので、小銭を持たずに、スピーディーに支払いをすることができます。
おサイフケータイで利用する人が多いかと思いますが、その際、Edyでポイントというサービスに登録することが大事です。
というのも、このサービスに登録しておくことで、一度でたくさんのEdyポイントを貯めることができるからです。

 

Edyでマイルが貯まるって本当?そのしくみとは?

 

そして、Edyを使って、マイルを貯めることもできます。
ただし、そのためにはEdy機能が搭載された、ANAカードかANAマイレージカードを持っている必要があります。
Edy機能が搭載されたANAカードかANAマイレージカードで、Edyで支払いを行えば、200円で1マイルが自動的に貯められます。
クレジットカードを利用できない店舗でも、Edyで支払いをすれば、マイルがどんどんたまっていくしくみになっているのです。
そして、Edyマイルプラス加盟店でEdyを利用すると、200円で2マイルを貯めることができます。
マツモトキヨシや紀伊国屋書店はEdyマイルプラス加盟店なので、日用品や本をそこで購入することを意識すると、よりマイルを貯めることができます。
また、おサイフケータイの登録をして、Edyで支払いをすることでも、マイルを貯めることもできます。
そのためには、「モバイルAMCアプリ」と「楽天Edyアプリ」を事前に設定し、「ケータイdeEdyマイル」にサービス登録をしておかなければなりません。
また、コンビニエンスストアごとに、マイルの積算対象商品が異なるので、事前にANAカードの公式サイトで確認しておきましょう。

 

Edy一体型のクレジットカードを使うと、さらにポイントが貯まる!

 

さらにANAカードの中には、Edyのチャージがクレジットカードでオートチャージでき、利用するたびに自動的に200円1マイルを貯められるものもあります。
具体的には、ANAJCBワイドゴールドカード、ANAダイナースカード、ANAアメックスを除く各プレミアムカードです。
また、ANAVISAカードやANAダイナースカードは、Edy一体型にすることができます。
また、マイルを貯めることが目的なら、楽天カードやライフカードを使ってEdyチャージを行えば、ポイントをマイルに交換できます。
上手に活用して、マイルをたくさん貯めましょう。

 

 

クレジットカードがすぐにほしいならACマスターカード一択!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン