クレジットカード現金化の落とし穴

クレジットカードの現金化って?その方法を解説

 

クレジットカードには「キャッシング枠」と「ショッピング枠」があり、そのショッピング枠を利用して現金化業者から指定された商品を購入し、その商品の払い戻しとして利用者の口座に振り込みや現金で渡すという仕組みで、これを「キャッシュバック方式」のクレジットカード現金化といいます。

 

もう1つの方法として「買い戻し方式」があり、業者に指定された商品を購入し、業者がその商品のを買取り、その代金として利用者の口座に振り込みや現金で渡すという仕組みがあります。

 

これらを利用して受け取れる現金は購入した商品(実際に商品のやりとりは発生しない)に業者の利益を差し引いた分となります。

 

例えば、10万円のショッピング枠を利用して10万円の商品を現金化業者からクレカ購入をし、利益2万円を引いた8万円が利用者に支払われます。
要するに、普通は買い物でしか利用できないショッピング枠を、手数料を払うことで現金に変えることができるんです。
ただ、10万円使っても8万円しか入らない上に、プラスしてショッピングの金利も乗ってくるので暴利と言わざるを得ません。

 

 

クレジットカードを現金化すると多大なデメリットが!後々大変なこととは?

 

現金が手に入るからといっていいことばかりではなく、落とし穴もあります。

 

100%の還元率をうたっている会社は要注意で、会社としても利益が必要なので100%というのはあり得ないのでこのような場合は詐欺の可能性が多いでしょう。

 

そして現金化をして手元に現金が入っても、クレジットカード会社への返済が残っているので、結局は自分が返済をしていかなければなりません。

 

そしてクレジットカードを現金化目的で利用して、クレジットカード会社にバレてしまうとカードの利用を停止され、強制解約、更には信用情報に記載され新たにクレジットカードを作ることが出来なくなってしまします。

 

おいしい話には危険があるということです。

 

 

クレジットカードを現金化してもいいことなし!お金は安全なところで借りるべし!

 

その場だけ現金が手に入ったとしてもクレジットカード会社への返済は自分でしなければいけない事や、現金化をしていることが発覚したときの事を考えると現金化をしても良いことはないでしょう。
お金を借りるならきちんとした金融機関でお金を借りた方がいいですね。

 

大手企業なら信用度も高く、安心して借り入れが出来るので、自分の支払い能力に合わせながら無理のない範囲でお金を借り、計画的に利用していきましょう。

 

もし、どうにもこうにもお金が必要!でももう借入ができない!といった場合は債務整理を視野に入れ、借金整理の専門家に相談するべきです。

 

債務整理の詳細はコチラ

 

悪徳業者に引っ掛からないための闇金・金融犯罪への知識も必要

 

もしも闇金融に手を出してしまったら・・・


>>借金問題解決無料相談Q&Aへ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン