爆発買いバブルが終了!なぜ中国人は日本に来て大量にモノを買っていったのか

日本で日本製品を買うことの意味

 

中国人が日本の家電量販店やドラックストアで、日本製品を大量購入することは、もう日常的な出来事ととらえる人の方が多いのではないでしょうか。
日本製品であっても、中国製であることも多いのになぜ?と、首をかしげる人もいると思いますが、中国人からみると、日本で日本製品を買うことに意義があるのです。
それには、中国人が自国で日本製品が、精巧な偽物である可能性があると考えるという背景があります。
日本の店頭で偽物が販売されることはないという信頼性と、同じ製品でも中国で販売されるより、日本での方が販売価格が安いと考えられていることがあります。
だからこそ、日本で日本製品を買うことに、価値を感じるのです。

 

日本に旅行に行く予定がある人に、大量の買い物を依頼するのが普通!

 

また、日本に来て買い物をする中国人は、自分のためだけに買い物しているわけではありません。
お土産として購入するものも多いのですが、中国人は日本人ほど簡単に海外旅行ができないため、日本に旅行に行く人を見つけると、買い物を頼むのが普通なのです。
中国人に遠慮という感覚は希薄なので、親族や友だち、仕事仲間なども、メーカーや商品を指定して買い物を頼みます。
高額製品も多いので、前払いで依頼をされることも多いので、頼まれたものを購入することで、大量になってしまうのです。

 

中国人の爆発買いバブルが終了した理由は?

 

とはいえ、この中国人の爆買バブルは、どうやら終息の方向に向かっています。
これは、日本に再度旅行で来る時には、買い物ではなく、日本ならではのアクティビティーを楽しみたいと考える観光客が多いからにほかなりません。
そう考えると、中国人観光客の集客方法も、今後大きく変わる可能性はあります。
地域の観光資源をアピールしながら、そこでしか購入できないものを用意するなど、今後の商品プランを一考することが、集客を維持するポイントになるのかもしれませんね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン