遅延損害金が発生したらどうなる? 仕組みや返済期日で注意すべき点

遅延損害金って何?利息とは違うの?

 

金融会社から借り入れをする時には、必ず返済期日が決められます。
この返済期日に間に合わず、金銭債務が不履行になった場合に、債務者が債権者に払う損害賠償のことを「遅延損害金」といいます。
利息は、借り入れをする際に設定されますが、遅延利息や延滞利息などと呼ばれることもある遅延損害員は、返済期限後に発生するものです。
共に一定の利率を定められていますが、内容はまるで異なります。

 

遅延損害金はどうやって算出する?返済期日はあるの?

 

遅延損害金は、一般的に約定金利の何倍かを支払うと明記されています。
日本には利息制限法があり、遅延損害金にも制限を設けています。
そのため、制限利率の1.46倍が上限となり、これを超える請求は無効となります。
借金が10万円未満の年利が20%の場合、20%×1.46=29.2%が遅延損害金の上限です。
返済期日は、金銭貸借契約を結んだ時に定めた日をいい、それを1日でも過ぎると遅延損害金が発生します。
ただし、分割払いの場合は、支払期日が到来した延滞分だけが、遅延損害金の対象になるのが原則です。ですが、中には期限の利益損失約款と遅延損害金をリンクさせ、返済期日から遅れた時点で残金全額に対して遅延損害金を一本化する金融会社もあります。
きちんと約款を読み、理解しておくことが重要です。

 

返済が遅れそうなときは、遅延損害金を出さないためにも、まず金融会社に相談しよう!

 

もし、あらかじめ返済が遅れそうなことがわかったら、まず金融会社に電話連絡することをおすすめします。
金融会社によっては、事前に電話連絡をすることで、支払日を変更してくれることがあります。
返済日を変更してもらえれば、その期日までの遅延損害金は発生しません。
そして、全額は無理でも、少しでも払うことで、金融会社に誠意を見せることが大切です。
利息分だけでも支払いをしておくと、金融会社からの督促もそれほどきつくありません。
遅延損害金が発生して支払った事実が、すぐに個人情報機関に金融事故として登録されることはありませんが、2〜3カ月延滞すると、事故扱いになります。
そうした事態に陥らないように、必ず事前に電話連絡を入れましょう。

 

返済で首が回らないなら債務整理で借金を清算しよう

 

遅延してしまう前におまとめローンで借金解決

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシング大全3大人気コンテンツ

キャッシングランキング 即日融資 おまとめローン